世界のシェー 平沼正弘

世界のシェー (よりみちパン!セ)

平沼 正弘 / 理論社



アルバイト代が出たんで”漱石”を3枚握って書店へ行った。
写真家の棚を眺めたんだが“世界のシェー”が無い・・・・・
ぐるぐる書店の中を探したら・・・・・あった!!!
サブカルチャーのコーナー。

そして手に入れた“世界のシェー”

d0073795_2134077.jpg


“シェー写真”に出会ったきっかけはネットサーフィン中に平沼さんのブログをたまたま見つけたからだった。
その時僕は、アラーキーの写真を見た時と同じような感触をシェー写真に感じた。

なんというか・・・・・

パイオニアだなと・・・
でも難しくないなと・・・・
僕にも撮れるかも・・・・


シェーをしてる世界中の人達がなんとも無防備な笑顔でいるのがとてもいい・・・・・。
その辺は・・・・・・
アラーキーが撮る人物写真と似てるような気がする。




“人それぞれ・・・・・”
 
人それぞれ個性や価値観が違うのだからお互い分かり合いましょう・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・もっともらしいフレーズだけれども僕はあまり好きな言葉じゃない。

人間には何かしら共通項があるはず!!!!!、それを模索することこそ大きなテーマで、違いを探してしまったら“溝”を確認し合う作業でしかない。
シェー写真は、一発ギャグで世界の人が繋がってる。
単に面白い写真というばかりでなく、とてもシンプルで根元的なメッセージが背景にあると思う。

ピースサインするみたいにみんながシェーするようになったら楽しいだろうね・・・・。






今夜は・・・・・・・もう一冊・・・買った・・・・・・・

d0073795_22104840.jpg


ビデオメイトDX。
アダルトビデオの情報誌。

表紙は言わずと知れた森下くるみさん・・・。


ビデオメイトDXは終刊となった。
そして・・・・
モデルさんとスタッフさんのシェー写真が掲載されている。


僕が好きなシェー写真。

d0073795_22512186.jpg
d0073795_2251503.jpg
d0073795_22522249.jpg


美少女キャラのモデルさんと、おじさんキャラのスタッフさんとのツーショットシェー。
本来溶け合わないキャラクターのはずなんだけれど違和感が無いどころか味わい深いショット。

ちょっと・・・・・
羨ましいショットでもある。

でもね・・・・
僕が・・・
シェー・・・・したら・・・
・・・・いい表情できるだろうか・・・・
[PR]
by satomarumakoto | 2010-04-07 21:51 | サブカルチャー
<< soulhead 浅田真央のデビューを振り返る・... >>