2011 岸和田全日本選抜初日  富弥昭  岡部芳幸

車券を当てたわけじゃないんだけれども・・・・
3番手から穴車券が出現したレースを振り返る。






9R  一次予選

7川村晃司 1南修ニ 9渡辺十夢
6渡部哲男 3三宅伸 8富弥昭
4栗田雅也 2松坂英司 5高木隆弘

結果 2-5-8
2車単 1920円
3連複 17980円
3連単 45590円


本線が強過ぎると印の薄いラインの自力が死ぬ気で先行するパターン。
2車単280円 3連単570円 3連複320円が紙屑になった。
中四国ラインの番手三宅が早目に捲ったんで富が恵まれて3着。
でも三宅が4コーナー外目を追い込むレースだったとしてもインを突くのは3番手の富で、どっちが車券になるかは5分だったと思う。








11R 初日特選

2村上義弘 5市田佳寿浩
1新田祐大 7佐藤慎太郎 4岡部芳幸
8木暮安由 3神山雄一郎
6小嶋敬二 9加藤慎平


結果 4-9-2
2車単 39370円
3連複 33070円
3連単 252880円


今日のベストパフォーマンスは村上義弘。
最終の深谷が凄い逃げ切りだったが村上は37歳だからね。
全盛期の村上は逃げると番手が付き疲れして3着以下に沈むケースが多かったが、そんな全盛期を彷彿とさせる先行だったよ。
結局何もしなかった3番手の岡部や9番手を回った慎平がゴール線を雪崩れ込むレースになったが村上の先行が穴目車券を演出した。
いったん木暮が先行する形になった瞬間・・・さあ村上行くのかと思ったが緩みなく叩いた。
捲りの木暮が踏むわけないんで後方の自力型は叩き易いけれども、誰にも捲らせずしかも番手が全て死んだレースを演出した37歳村上の先行にエールを送りたい。



 
[PR]
by satomarumakoto | 2011-08-04 20:32 | 単騎 3番手
<< 2011 岸和田全日本選抜二... I could take th... >>