2011 グランプリ優勝 43歳山口幸二・・・男泣き

4深谷知広 7浅井康太 2山口幸二
3佐藤友和 6伏見俊昭 8成田和也
5武田豊樹 1長塚智広
9村上義弘


結果 2-5-7
2車単 17770円
3連複 3860円
3連単 62150円 





43歳山口幸二が泣いた。
NHKの7時のニュースでも泣いたシーンを放映した。
NHKありがとう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それだけプレッシャー感じてバンクに上がってるから泣けますね。
僕の中で・・・・山口幸二が“名選手”になった瞬間だった。


車券は外した。
村上義弘軸だったので気持ち的にはあっさりしてる。
村上で買って外れるなら仕方無いと思っていたが・・・
それに彼の位置取りは間違ってなかったと思う。


友和がS取りにいって9番車の村上は前から4番目を主張したけれどもインにいた武田が譲らなかった。
結局は中団武田ラインの3番手。
後ろ攻めになった中部ラインの4番手には行かなかったが村上の考えはよくわかる。
混戦になると思ってただろうし、深谷が簡単に逃げれるとは考えてなかったんだろう。
こんなに深谷があっさり先行できるとは思ってなかったことは、浅井-山口のオッズを見るとお客も同じだった。
3連複も3860円もついたわけだし・・・。



競輪はちょっとだけお客の想像と違うことが起きる。
しかしその背景には2種類あって・・・
ひとつは選手がお客の想像よりもレースを読み切ってる場合。
もうひとつは選手の読みが間違ってる場合・・・・
今日のレースは後者で・・・・・・
東北ラインの佐藤友和が読み間違った・・・というか・・・大間違いだと思う。


年末に選手の駄目出しはしたくはないが・・・・ここんところず^ーっと友和は読み間違ってるレース多いよ。
前スレで伏見は買いたくないと書いたが友和の番手だったことが大きい。


友和は自らS取りに行った。
S取りは“王者”の位置。
もしくは・・・・挑戦者の位置。
今日のレースで“王者”と言えるのは武田。
それに中部ラインは深谷-浅井という超強力ライン。
前取っちゃったら・・・・・挑戦者の友和は突っ張るのが仕事だよね。
その流れだと武田に有利になっちゃうが・・・・
何もできないよりはよっぽどいいと思うけどね。
調子が良かったんだろうけど・・・・
相手ラインの自力型の格や実力で自分の役目が決まってくるのが競輪で。
それは“いろは”でしょ。


深谷がかなり早目に叩いて来たんだけどそれに対して友和が何も対処できなかったね。
すーっと引いて叩き返すこともイメージしてなかったみたいで・・・・・。
何したかったのかはよくわからない。


それに対して同期の武田は王者のレースをした。
深谷を叩き返して自らレースのペースを上げて別ラインを呼び込んでの4番手。(友和を呼ぶつもりだった?)
自力だった頃の神山のパターンだよね。
結局自力は出なかったけど深谷-浅井の2段掛けじゃあしょうがない。
武田は終わって見ると理詰めに走ってる選手。
いろんなパターンを想定しながらレースに臨んでるんじゃないかと思う。
その辺も神山っぽいところがある選手だね。



ところで優勝した山口幸二は当初はどのラインで走るか迷っていた。
中部ラインの3番手か村上の番手か・・・。
でもね・・・・
腹の中は8分2分で中部の3番手だったんじゃないかな。
迷ってるフェイクを見せたのは・・・・・村上に対する気遣いがあったと思う。



最後に長塚に一言・・・・。
まさかの落車。・・・・というか・・・・また落車。
それが長塚らしくて・・・・(笑)
ビックレースで落車は長塚のキャラになったね(笑)
前を走ろうが番手走ろうが落ちるな・・・。

以前・・・長塚のレース前のコメントでこんなのがあった。

“骨折しても競り負けません”



こんなこと書くと怒られそうだけど・・・・
競輪は落車が多いし凄い。
特にゴール前の落車は迫力ある。
最近はテレビ放送もデジタル画像だし・・・録画を見直しても落車シーンは凄い。
そして・・・現場はもっと凄いよ。
落車した時の音といい・・・・。


落車の凄さも競輪だよ。







そうだ・・・・もうひとこと。


浅井=山口=流しの3連複のオッズは見えてた。
付くぞと。
浅井=山口=武田、村上の2本でいいんじゃないかなとも思った。
結局は村上の2着3着を買ったんだけど・・・。


2車単、3連単が高配当はわかるんだけど。
3連複が3千両越えたのは盲点だったオッズだね。
だって・・・浅井と武田が入ってるんだから・・・・・・・・。
[PR]
by satomarumakoto | 2011-12-30 21:59 | 単騎 3番手
<< 京王閣記念 最終日 一般 3R 2011GP 軸は単騎の村上義弘 >>