東日本大震災被災地支援日本選手権競輪決勝 福島ラインで決着




6鈴木裕-4岡田征陽-2長塚智広
1山崎芳仁-9成田和也
3深谷知広-5園田匠
7村上義弘
8小嶋敬二


結果 9-1-5
2車単 3250円
3連複 5880円
3連単 29920円


“何か”に導かれるように福島ラインがワンツーを決めた。
後方から上昇した鈴木裕が落ち着いた仕掛けで先行、深谷が仕掛けなかった瞬間は福島勢の1着は無いかと思ったが・・・


僕はもう今後福島から有望な選手は現れないかもしれないと思ってるしその状況は今後も変わらないかもしれない。
何しろ原発の被災地なんで・・・
しかし現在のトップ選手がG1で活躍することによって、競輪王国福島の“牙城”が今後もそびえ続けるかもしれないなとそんな思いが生まれて来た。


昨日のブログにも書いたが鈴木裕は結局“鉄の心臓”を持った選手だった。
後方から普通に上昇して普通のタイミングで仕掛けて、深谷の気持ちを見透かしたように相手を揺さぶるような動作も何もなかった。
レースのペースは普通のタイミングで一気に上がった。
山崎の前には、鈴木-岡田-長塚-村上・・・・・こりゃ山崎はきついな・・・岡田か村上に合わされる。
・・・・・・・・・と思ったら・・・・村上の早目の捲り・・・・・山崎は実質4番手のうえに合わされることもなくなった。


村上が何故あんなに早く動いたのは謎だ。
ペースがいまいち上がってないんで先に捲ってしまえと思ったのだろうか・・・・・。
平塚GPでは単騎で戦って位置取りに失敗して着外。
今回は位置取りは上手くいったが・・・・・


グランドスラムが掛かっていた山崎はあくまで冷静だったなと思うのはその仕掛けにある。
後方から捲って来た小嶋の仕掛けに合わせて踏み込んだのでタイミングとしては完璧だった。
しかしゴール線を一着で通過したのは山崎をマークした成田・・・・。
優勝インタビューでは控えめなコメントをしていた成田だが彼は一着を狙って思いっきりインを踏んだ。
準決勝だったら山崎についていっていったのでは無いだろうか。
そして・・・インが空いてることが見えたのはインを突く意識があったからだと思う。
とはいえ成田に優勝をもたらしたのは山崎が走りやすくなるように積極的にS取りに行ったことにある。
切れ味の成田がG1で勝つなら先行の番手よりも捲りの番手か3番手だろう。
捲りの番手、熊本バンク、脚が残った鈴木の仕掛け・・・・成田に有利になるような要素が揃ったレースだった。


それにしても配当がついたね・・・
筋決着なんだが。
2車単、3連複、3連単・・・全て高配当だった。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-03-05 12:41 | 単騎 3番手
<< Little Wing 熊本ダービー決勝展望 >>