今日のベストレース

平塚記念決勝

1武田豊樹 9芦澤大輔 4佐藤悦夫
2岸沢賢太 8平原康多
3上野真吾 6五十嵐力
7海老根恵太
5中村一将

結果 9-4-8
2車単 10610円
3連複 26060円
3連単 124070円





今井雅宏がMの法則で競走馬を性格で振り分けしてるんだが、
例えば

L系(Liverty) 気の良さで走る馬  直線が長いコース、少頭数、休み明け、距離延長・・・
S系(Struggle)闘争心で走る馬   直線が短いコース、多頭数、間隔を詰める、距離短縮・・・

競輪選手もL系、S系か明瞭に分かれる場合があって武田は完全にS系である。
競輪選手の場合は・・・

L系 直線が長い、揉まれない、7番手、自分の仕掛け、スピード
S系 直線が短い、併走、中団、前々、乱ペース、粘り

平塚記念決勝は本線の自力武田が落車してしまったがS系の武田らしいレースになった。
別線の仕掛けがワンテンポ遅いんで武田の闘争心に火がついた。
最も平塚はそういったS系の自力型の闘争心を煽るバンクでもある。 

結果単騎の自力型(L系)がどちらも消えてしまったレースで、ある意味武田の一人舞台だった。
でも岸沢や上野は早目に叩くべきだろうね・・・・。
決勝であんまり難しい展開を演出すべきではないと思う。
武田をつぶす仕掛けではあるんだろうけど・・・
あの仕掛けで武田が引いてしまうと・・・武田はイン詰まりか届かない7番手と武田は思ったんだろう。
引いた方が武田は車券になったと思うが武田はS系だし平塚バンクもS系バンク。

武田と平塚バンクの印象が残ったレース。
車券的には難しい。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-05-08 00:00 | べストレース
<< 第79回ダービーを振り返る ガールズケイリンの主役達 小林... >>