2012 弥彦寛仁親王杯準決勝をふりかえる

中々味わい深いレースが続いた。
5時から松戸のガールズ一般戦を見るつもりだったのに忘れてしまった・・・・。




10R
2脇本雄太 9村上義弘 4南修二
3平原康多 7矢口啓一郎
5佐藤友和 1成田和也
6北津留翼 8小倉竜二

結果 2-5-7
2車単 6970円
3連複 22880円
3連単 123900円


誰が“鈴”つけるんだというメンバーだった。
誰も何もしなければ村上義弘が車券になることが決まったようなレース。
揺さぶりをかける先行型は北津留しかいなかったが・・・・なんと北津留は中団狙いで・・・・・
そこで村上に注文をつけたのが平原康多。
上手い競りとはとても言えないがその決断には100点を送りたい。

平原は優秀戦で炎のような捲りを決めて1着だったが準決勝は脇本の番手に競りにいった。
何故か・・・・
優秀戦は深谷の先行を浅井が叩き返して、その上を平原が捲った。
準決勝は浅井の役目をする選手がいるかというと・・・・友和?????
であれば自分が浅井のような演出をしなければならないんだが・・・それでは自分が消えてしまう。
自分も矢口も決勝に行くなら脇本の番手に行くしかないレースだった。
4番手狙いよりも番手狙いのメンバーだったのは脇本相手の準決勝戦であったからで、
平原の判断は友和よりもはるかに勝負師だし深かったと思う。






11R
5深谷知広 1山口幸二
9稲垣裕之 3市田佳寿浩 6東口善朋
2坂本貴史 7佐藤慎太郎
8三宅達也 4柏野智典

結果 3=5-9
2車単 2260円 1010円
3連複 1800円
3連単 8870円 3520円


稲垣がタイトル級の自力であることは常々思ってはいたが・・・・・強かったね。
赤板バックからほとんど踏みっぱなしだったから・・・・・・。
・・・・ただし・・・・・明日に残っちゃうようなレースをしてしまったかな・・・。
僕は東口か柏野が3着以内に食い込んで穴目決着かなと思ったレース。
驚いたね・・・・。






12R
1武田豊樹 9長塚智広 5神山雄一郎
4川村晃司 2村上博幸
3浅井康太 7金子貴志
6小川勇介 8室井健一

結果 2-4-9
2車単  4500円
3連複 10780円 
3連単 41170円


このレースは村上博幸のS取りで決まってしまったようなレース。
破壊的な自力がいないから位置取りが重要だったと思う。
でも終わって見ると・・・関東ラインでS取りする選手はいない・・・・武田が1番だから武田が行くしかなかった。
ぼーっとしてたのは浅井康太。行ける脚がある選手だが行かなかったね。

それにしても武田は中団狙いで良かったのに執拗に川村を封じ込めようとした。
・・・・・・・自分はグランプリ出走決めてたからだと思う。
自分十分のところで仕掛けたら相手も十分になってしまったレース。
よく見るパターンです。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-07-15 20:06 | べストレース
<< 2012函館全日本選抜決勝 弥... ガールズケイリン 3戦目 松戸... >>