2012 ガールズケイリン グランプリ




d0073795_19492593.jpg










1番 小林莉子
2番 荒牧聖未
3番 増茂るるこ
4番 加瀬加奈子
5番 中村由香里
6番 中山麗敏
7番 中川涼子

結果 1-2-4
2車単 21680円
3連複 7220円
3連単 118290円



今年は去年とほぼ同じメンバーのメインレースよりもガールズのグランプリの方を楽しみにしてた。
何ヶ月も前から何か起こりそうな気がしてたんで・・・・

1番2番車に加瀬がからんだだけの結末で10万両。
ガールズケイリンの最も基本的な流れのレースでとんでもない配当が出た。
その辺の分析は競輪ファンの間でいろいろあると思うけれども・・・
僕はどういう流れになっても2番の荒牧が有利になると読んでたレースだった。

今年最初の10万車券が年末のグランプリレースで的中して僕にとってはかなり思い出深い車券になった。
真剣に戦ったガールズ達にありがとうの言葉を贈ります。



1着 小林莉子

常にS取りに行って番手飛びつき、来なければ先行という王者のレースをしてきた選手。
加瀬加奈子とは違った意味できつい戦いをしてきて、グランプリはなんと1番車!!!
S取りは小林に決まったようなもんだった・・・。
きついレースをして来たんで、時には軽いメンバーで大敗もあったし、相手が強くなれば2着3着が多かったが・・・・
平塚での初代女王に続いてグランプリでも栄冠をゲット。
ドラマチックなキャラクターがある選手であると同時に、マスコミへのコメントが素晴らしい。
闘志、集中力、人間性全てが揃った女王にふさわしい選手だと思う。


2着 荒牧聖未

小林マークが決定した2番車をゲット。
間違っても小林の後ろは逃して欲しくなかったし・・・
逃すわけないね。
後ろから捲ってくる選手に合わせようとチラチラ後ろを見るも結局誰も来ない。
直線は外側踏んだのでインが空いた。
アツかったなあ・・・・・。
京王閣は外目の方が伸びるみたい・・・。
有利な2番車になって結果を残した荒牧に感謝。


3着 加瀬加奈子

レース前の東スボの取材に彼女はこう答えた。

“出入りがあって誰が1着になるかわからないようなそういうケイリンになればいいですね”

これはグランプリに対してじゃなくてガールズケイリン全体への展望を語ったんだと思う。
彼女は先行1本の選手だけれども、驕りがあるわけでもく、底の浅い精神論で先行してるわけでもなく、
ガールズケイリン全体の将来を見据えて先行してる選手。
ただ単純にアツいだけの選手ではない。
小林莉子と並んで102期を代表する選手ですね。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-12-29 20:04 | 当たり車券
<< 2012 グランプリ 2012 四日市 A級準決勝 >>