伏見俊昭

恋愛にはいろいろパターンがある。

1、その人が好き。
2、自分のためにその人が必要
3、その人と気が合う。
4、その人とセックスが合う。

1はもしかしたら幻想を見てるのかもしれない。その人の実体が好きかどうかは、その人の欠点がどうでもいいかどうかだろう。ホントに好きなら臭くても好きなはず。五月みどりが“好きになるとその臭いのが良くなるのよ”と言ってた。深いねえ・・・・・。

2は恋愛じゃない。こういう人は自分が引き立つために相手が必要というタイプ。恋に恋するタイプ。でもこういう人って貪欲な面があるから成功するタイプかも。単にわがままな人もいるかもしれない。

3も恋愛ではない可能性がある。兄妹や友達になっちゃってる。下手すりゃ母親になってるかも

4はセックスになんらかのイマジネーションを取り入れることができたカップルに生まれる関係だと思う。単に気持ちいいセックスを求めてしまうとお互い飽きる。変態になりきることが出来ないと生まれない。知性が必要かも。

四十路を迎えて自分が“男”でいられる時間も残り少なくなってきた。
ホントは夫婦がいつまで“男と女”でいられるか挑戦してみたかったな。


さて今日高松記念で優勝した伏見俊昭。直近34レースのデータ。
他の選手をマークした時のレースは除く。
d0073795_2352536.jpg
ワンツー 4レース  11.7%
番手マーク 1レース  2.9%
伏見から筋違い 11レース(1着4回) 32.4%
番手から筋違い  3レース(全て2着) 8.8%


ワンツーは全体の1割。
配当が安いので買う価値なし。出現率1割だからね。
伏見からの筋違いは3割を超えている。
しかも2着が多い。仕掛けが遅いせいだろう。
配当は2千円台から5千円台。
狙うなら筋違いの2着かな。
番手からの筋違いはわずかに3レース。
その内2レースが有坂。1レースが神山でいずれも2着。
[PR]
by satomarumakoto | 2006-06-21 00:04
<< 海老根恵太 先行マニアを分析 >>