豊橋記念3日目を終えて

自分のブログを読み返して見るとかなり誤字や脱字がある。
集中力が無くなって来たようだ。
最近の高血圧やめまいも更年期障害かもね。
めまいはもしかしたら脳に障害があるのかもしれない。
昨日かかりつけの医者に脳神経科を紹介してもらった。

kamekoさん経由でモテぢから実力テストで遊んだ。↓
http://mote.oppo.jp/
そしてその結果。

さとまるさんのモテぢからは・・・31/100点  「小学生交換日記級」です。

残念ながら、はっきりと「モテない」と言い切ることができます。それなりの経験を積んでいてもいい年齢ですが、どうも恋愛については人並みに成長してきたとは思えません。特にモテぢからにマイナスな点を挙げるとすれば、それは、あまり人の気持ちが理解できないタイプであるという点です。足を踏み外しやすいので、告白の成功率も低くなることが予想されますし、何も考えずに勢いづくタイプではなさそうですが、恋愛に「すれ違い」が多そうです。

人の気持ちが理解できないというのは違うかな。

そういえば小学6年の時に一度だけモテたことがあった。
小学生なんでね・・・何も進展はなかったですけど。
そろばん塾の授業中、前に座ってた女の子が振り向いて
“わたし、さとまるのこと好き”
と声をかけて来た。
と思ったら、他の女子数人が立ち上がり、
“あたしもあたしも”と僕の腕の引っ張り合いになった。

どうも僕の背後霊は僕に嫉妬したらしい。
中学1年、“肉体的損傷”が僕の身に降りかかり、まるっきり方向性が反転してしまった。
それでも僕に思いを寄せてくれる女子はいたようなのだが・・・・。
中学生ではどうしようもなく、またその気持ちを額面通り受ける気になれる状態ではなかった。
高校は男子校で、その後15年間は自分の生活範囲に女子の人口密度は極めて薄く、
3度ほど入院した時の看護婦さんの存在が唯一の身近な女性だった。

あっ・・・当時、一度告白したことがあった。
退院する日、朝出勤して来た看護婦さんに手紙を渡した。
その日、最後の治療の時に、治療室でススッと僕のところに来て薬を塗ってもらった。
実にそっけない看護婦さんであんまり話かけて来たりする人ではなかった。
黙々と働く人で身体の大柄な人だった。
退院後のある晩、11PMを見てると、ヌードで空手をやっているモデルさんがいた。
その看護婦さんにそっくりなのだ。
なんでこんなバイトやってるんだろうとしばらく思ってた。
そんな訳もなく数ヵ月後日活の女優さんであることを明石家さんまの番組で知る。
平瀬りえ→http://hiraserie.itbdns.com/
そういやあお尻の大きい女性だったなあ。
早見優もヒップが魅力的だった。
当時既に尻フェチでした。
女性を抱くのは尻ですからね。

豊橋記念3日目。

二日間やって当たったのは手島と海老根の頭2レース。
やっぱりS級上位戦は自力から買うのが基本かな。
差差車券買っても当たらない。
差差は重賞の決勝だけでいいかも。

太田と稲垣が叩き合ったレースは不可解だった。
太田は稲垣の番手にはまれたよ。
今日いちばん堅いと思ったレースが大荒れ。

明日からまた仕事。
仕事する気力も最近は薄れ気味。

特観の予想屋さんが、松戸のF1で20万車券を3千円買った話を聞いた。
ホントかなあ・・・・・・・・。
話はリアルだったな。
でも嘘っぽいよなあ。
[PR]
by satomarumakoto | 2006-06-25 19:59
<< 菊地圭尚 豊橋記念準決勝 >>