寛仁親王杯初日を振り返る

午前中は出社。
午後、8Rから平競輪場で参戦。

8R
2吉岡-7加倉
5佐々木則幸-4久米
6内田慶-3手島-8北村
9坂上樹大-1渡辺十夢

かかりの遅い吉岡はいらないと思った。
頭に浮かんだ目は5=9。
その一本しか見えなかった。
結局は9-1を軸に3連複を買った。
9-1-5,4,2
結果は6-5の大穴。
吉岡不利と読んで脚質の全く違う佐々木が有利とは思ったが。
相手が9以外思い浮かばず、それなら9-1軸で・・・・。
まさか内田が恵まれるとはねえ。
このレースは2枠単でも取れなかった。同枠が加倉じゃね。
絶対買えない目だったが、小回りバンクらしい決まり手だったと思う。

9R
3岡村潤-5新藤敦-8伊勢崎
7明田-1神山-9高橋光宏
4村上博幸-2青木佳辰-6辻

神山を買ってもつまらないので、
無心に駆けるだろう岡村の番手、新藤の2着流しを買った。
2,4,7-5
結果は9-1。
こりゃ筋車券だが絶対買えないなあ・・・・・・。
昔、高橋は神山とラインを組むと差して1着、裏目千両をよく演じたのを思い出した。
小橋-高橋で5万両を演じた時も神山の番手だったなあ。

10R
9稲垣-2山田裕二-7山口幸二
6岡本-4渡部哲男-1兵藤
3海老根-5鈴木誠-8晴智

昨夜は稲垣を買うつもりだったが、
地元の青競を見て気が変わった。
山口幸二がまるっきりの無印。そりゃ無いだろ。
で・・・・山口の2着流しを買おうと思ったが・・・・・・・・。
山田裕二も“×”が一個ついてるだけ、それならと山田から買ってしまった。
2-1,3,8
7-3も
海老根2着でド万券を押さえたかったので7-3を買ったが・・・・。
結果は4-7でド万券だった。
こりゃ買えたよなあ。
仕掛けが早くなるならラインの3番手が有利になるのはよくあるよね。
逃した魚は大きい。
こういう日は最後まで当たらない。

11R
3小嶋社長-5手島-7後閑
8渡辺一成-2慎太郎
6北都留-1大塚
4浜田浩司-9小川圭二

昨夜も堅く収まりそうだな思った。
渡辺、北都留は早目の仕掛けだろう。
小嶋が勝つレースの流れだ。
10Rでド万券が出た直後だし堅く決まりそうな雰囲気だったし。
やるレースじゃないが買った。
小川圭二の2,3着軸で。
3連単 5-3-9
3連複 5-7-9
2車単 5-9
レースの結果は3-5-2
小嶋はワンツーの時は1着が多い。
浜田は小嶋の捲りに追走できる流れだったが力負け。
ちょっと走りの次元が違った。
社長・・・・・強いねえ。

12R
6矢口啓一郎-2武田
9金子-1慎平
3山崎-7伏見-4岡部-8有坂
5小倉竜二

昨夜は矢口から買うつもりだったが、
コメントを読んだら落車後で調子不安、素直に消し。
東北ラインは買いたくないなあと思った。
叩き切る脚は金子や矢口の方が上。
山崎は最後の一踏みに魅力があるタイプ。
であれば山崎とは逆の脚質の金子と武田を買おうと思ったが・・・・・・。
いつも買う予想屋さんの買い目が2=9。
今日は中盤からハズレまくっている。
僕と買い目が同じなのは正直困った。
同じ時はいつも迷うのだ。
二人が同じ予想で当たるほど勝負事は甘くない。
結局・・・・・・・・・・・・買い目を変えた。
2-7、1-7
しかしマークシートを書き間違えて買ったのは
7-5、2-5
なんちゅう間違え方しとんのじゃ。
結果は2-9。
3千両はおいしかったな。
今日、狙って取れたのはこのレースだったろうなあ。
[PR]
by satomarumakoto | 2006-07-01 18:10
<< 寛仁親王杯二日目から勝負レース... 寛仁初日10,11,12R展望 >>