浦山一栄

今日は定時5時半で退社。
せっかくの早帰りなので寄り道しようかと思うが、特別寄るとこも無い退勤路。
前を走ってる車がバイパス方面へ左折しなければパチンコにでも寄ろうと思った。
が・・バイパスに折れたので“帰れ”のサイン。
まっすぐ帰ってよかった。
スカパー731チャンネルで、チャー、奥田民夫、山崎まさよしのライブをやってた。
1時間見て録画、9時からは“ザ・チーター”を見た。
麻木久仁子と真鍋かおりにすっかり騙されたね。
面白い・・・この番組。
そういやあ野沢直子が出演!!!大好き!この子!

松坂記念は新田が活躍してちょっとビックリ。
合宿してきたそうでいきなり成果が出たのかな。
準決勝はペースが上がらないレースを中団から先捲り。
決勝は北都留の早い仕掛けには影響を受けずに脚をためられる7番手からの捲り。
どちらも瞬発力が生きたレースだったと思う。
次走は函館サマーナイト。
印が薄ければ買ってみたい。

浦山一栄。直近26レースのデータ。
d0073795_23125632.jpg

ワンツー      5レース 19.2%
浦山から筋違い 5レース 19.2%
番手から筋違い 4レース 15.4%

ワンツー及び、自身から筋違いを決めた時の浦山-マークのオッズは全て3桁配当、
もしくは浦山ダントツ人気で番手競りがあった時。
浦山-マークの配当が3桁の時に自身が消えたのは4レース。
1番人気に支持されたのが13レースだから人気の時は手堅い。
番手からの筋違い車券で決まった時の選手は、小林大介、松岡慶彦、後閑真一、内田慶で、いずれも自力のある選手。

武田豊樹が弥彦記念欠場。
自力型がパッとしないちょっとさみしいシリーズになった。
[PR]
by satomarumakoto | 2006-07-12 23:32
<< 岡村潤 高城信雄 >>