岸和田F1決勝 僕の買い目

・・・・・その前に昨日の函館の決勝の話。

山崎は結局、何の見せ場もなく8着。
そもそも別線自力でもよかったのだが彼は佐藤の番手を選択。
これって岡部のことがあるからでしょ。
でも“せまい”選択になった。
そもそも岡部が番手を死守しないことが根本だからそんな雰囲気になってるかもしれないが、
でも“死守しない”んじゃなくて“死守できない”んでしょ。
山崎はこのレースで何が出来ましたか?!
兵藤に1発で決められて後退。
“降着してもラインを死守する”
一見かっこいいセリフみたいだが、言い訳がましい感じがする。
山崎はタイトルホルダー。
佐藤と別線でいいじゃないか。
まあ・・・人間くさいところが競輪の魅力なんで、山崎を心底非難するつもりはない。

稲垣裕之、バカ逃げで9着。
そんなことしていい立場の選手じゃないが・・・・・・。
西武園オールスターのことがまだ頭にあったのかな。
やっぱり人間くさいねえ。

岸和田F1決勝

6佐野梅一 5伊藤保文 1前田拓也
3井上昌巳 7池尻浩一
2武井大介 9後閑信一
4香川雄介
8三浦稔希

近畿の二段がけ。
その相手として人気が集まるのは井上と後閑。
ノーマークになるのは池尻。香川や三浦では役不足だろう。

2車単 1=7
3連単 1-5-7
[PR]
by satomarumakoto | 2006-07-23 11:09
<< 最近3連複しか当たらん 函館サマーナイト決勝、僕の買い目 >>