市田・・・・踏むの早かったよ。

連日、最後に捲り追い込んだ自力型の大外強襲が目だったニュー平バンク。
なぜーか決勝は荒井も市田も早目の捲り。
荒井は合志を勝たせるつもりだったようだねえ・・・・。

前々に思い切り踏んで3番手を取りに行った荒井。
平原が叩いて流したので“荒井が勝つ流れ”ではなかった。
そして荒井が中途半端に捲ったので後方にいた市田や渡部に出番が無くなった。

しかしねえ・・・・市田は早目に踏みすぎ。
平原が踏みなおした時に踏んじゃってるもんねえ。
選手はそこまで見えてないかもしれないが、バンクの特長を考えたら3コーナーか
4コーナーから踏んでもよかったよね。
なーんであんなに早く踏んだのかな。

でも渡部から買ったのは反省だ。
前の日に万券演出しちゃってるから。
それはわかってたんだけどね。
渡部-小倉のラインを見たかったんだよね。

しかしグランプリはこうなっちゃうの↓

山崎-慎太郎-有坂
手島-後閑
井上-吉岡-合志
小倉

こうなって欲しいんだけど↓

山崎-慎太郎-有坂
手島-後閑
井上-合志
吉岡-小倉

4分戦の方が面白いんだがなあ・・・・。

1本調子な流れになれば長い距離が踏める後閑が有利。
踏んで止めてみたいな流れになると、瞬発型の合志や有坂、小倉の出番だな。

井上-吉岡-合志で並ぶなら、東北勢はかなり有利だ。
ちょっと揺さぶれば、吉岡は井上のマークから離れる。
それは本人がいちばんわかってると思うけど。
[PR]
by satomarumakoto | 2006-12-06 22:37
<< 大ドンデン返し 兵藤のオッズ >>