真券 旅打ち日記 グランプリ編

多分スピチャンでグランプリの真券勝負は初めての企画のような・・・。
京太師匠
道楽師匠
そして僕の心の師匠、友川かずきさん
そしてそしてなんと白川道さんもゲスト出演と競輪好きな有名人が揃いぶみでした。
司会がわこちゃんでしたが予想は無し。
わこ嬢が何を勝負したのかほんとは興味があるんだけどな。

さて番組を見ていて、自分の勝負へのスタンスを改めて反省しました。
というのは友川さんの買い目に感心したからなんです。
もともと差差車券で勝負する人なんですが、そのスタンスは健在ですね。
僕も差差車券が好きで3連単がまだ発売されてない時はそれしか買わなかった。
しかし今の買い方には迷いがあるんだなあ・・・・。

そもそもレースの流れが厳しくなれば1着から3着まで差脚が占めるもんです。
ところがレースのスピード化、バンクの高速化でなかなか差差車券が出にくくなってるのも事実ですが、自力型が全て消えてしまうところにこの車券の魅力がある。
つまり買い目が絞れるんですね。

さて心の師匠友川さんのヤンググランプリの買い目は、
石橋慎太郎が頭で、ヒモに成田を買ってました。
成田を押さえてるところが渋い!!!
レースが厳しくなれば脚余した3番手の選手に魅力を感じます。
もっとも淡白なレースになったのでハズレでしたが。

しかし友川さんは翌日のF1決勝でも同じスタンスで勝負。

山口幸二=高橋-高橋(健)、前田、渡部、室井
山口幸二-前田-3着は忘れた

レースの流れが厳しくなると読んで、渡部の捲り、志智の捲りは除外。藤原も切っちゃてるのが潔い!そしてレース結果もその通りになりました。
自分のスタンスに選手が引っかかって来たような感じですよね。

僕は、山口=高橋健太=流しの3連複を買ってたんですよ。
志智が逃げると思ったんで。
ところがS取って叩き返したもんで高橋健太は千切れてしまいました。
押さえ先行ならあったかもしれない車券でしたよ。
3連複万券だったのになあ。

さてグランプリの友川さんの買い目

小倉=合志
小倉=後閑
山崎-流し

3着は憶えてないです。
小倉からの車券は友川さんらしい。
しかし山崎の頭は、F1決勝を当ててしまったために当てにいった車券になってしまった。
そこはダメ出しします。

しかし友川さんの買い目見てて目が覚めましたね。
やっぱり僕も差し差しのレース追っかけます。
[PR]
by satomarumakoto | 2007-01-03 21:29
<< いちばん簡単な車券とは その1 金成選手と握手してきました。 >>