いちばん簡単な車券とは その1

昨日は差差車券について友川さんの買い目を見てコメントした。
差差車券についてはまたの機会で語ろうと思います。
今日はいちばん簡単に取れる車券について話します。

印の重い自力選手の先行1車。
当たり前の話ですが格上の先行1車はいちばん当て安い車券です。
何故なら絡むのが格上の追い込みだから。
先行1車は自分の流れで仕掛けられますから、最後に突っ込めるのは結局は強い選手のみです。
もっとも3連単を確実に当てようとするのは難しい。
3連単を当てようとして買い目を絞ってしまうとやっぱりそうは当たらんですよ。
2車単を6本から8本買っても当たった方がいいに決まってます。
ハズレりゃ投資金パーですから。

先行1車という簡単な構造の車券ですが案外高配当が出るもんです。
正月の平競輪を勝負しててつくづく思いました。
僕はハズシまくったんですけどね。
反省の意味をこめて例となるレースを紹介します。

A級準決勝

5市川健太 2阿部文雄 7池澤義文 4山田欣伸
9難波政則 1三谷幸宏 6岩崎将士
3伊藤龍也 8井上健司

難波が岩崎を使わずに自在宣言したため先行1車になったレース。
僕は迷わず市川を軸に買ったのですが・・・・・
市川=三谷-流し
   =伊籐-流し
の3連単を買ったのですが・・・・・・
レースは番手を競り勝った難波が逃げる市川を差して5790円!
なんとも簡単な決着で5千両でした。
このレースもろすじの阿部は安いから買ってもしょうがない。
それ以外の選手の格は、三谷>伊藤>難波>池澤でしょう。
2車単なら買えたレースでした。
3連単をきっちり当てなくてもね・・・。

3日目 A級選抜 3R

2中村敏之輔 5細川陽介 6小川信明 4岩崎将士
7小野和昭 1山崎登 8金井貴之
9阿部文雄 3相場聖二

阿部文雄は中村マーク宣言でジャンでは中村の後ろを走ってた。
中村の先行で細川は番手追い上げるも競り負け。
阿部文雄は直線つき疲れて伸びず、3番手相場が差して1着。なんと5290円。
4レースから勝負したので、このレースはやらなかったのだが・・・・。
取れるレースを見逃したという気持ちになってしまった。
さてこのレース、小野は追い捲りだから中村の先行1車。
余程アホでもないかぎり中村が連対するレース。
マークする阿部文雄を買っても面白くないレースでもある。
それじゃ他の選手はとういと、
小野>相場>山崎で格順でしょ。
つまり6本で5千両が取れたレースでした。

さて先行1車が決まる条件で大事なのはその自力が捲り型でないこと。
捲りだと終始後方にいて不発のケースがある。
その点、バック数を多く取ってる選手は安心。

そういえば先行1車を追っかけてたこともあったけなあ。

さてこのシリーズ難波の好走が目立った。
準決勝は市川の踏み出しに合わせて番手を簡単に競り落としたし、決勝は先捲りで原田和明の先行を簡単に捲ってしまった。
次走は静岡のF1戦ですね。

細川陽介は不動会のメンバーらしいです。
青競に書いてありました。
上目指して頑張りたいとのコメント。
向上心があるのはレースを面白くするのでたのもしいですね。
ただしS級はもう無理でしょ。
1着にこだわる選手であって欲しいですね。
[PR]
by satomarumakoto | 2007-01-04 21:51
<< 武田豊樹のデータ 真券 旅打ち日記 グランプリ編 >>