競輪祭決勝 山崎芳仁

手島のことを書いたので、僕の地元も地元、優勝した山崎芳仁について書こう。

落車があって山崎に勝ってくれというレースになったのは事実。
去年の宮杯も先行1車のような淡白なレースで勝ったのも事実。

しかしねえ・・・しみじみ思うことがある。

山崎のべストパフォーマンスは最後の最後にもっともスピードが上がって“届いちまったよ”
という超人的な捲りにある。その捲りはベテランの選手のようだとよく言われるけれど、
山崎の脚質がそうさせるのであって、計ったように捲ってるわけではないと思う。
まあとにかく個性的な捲りの持ち主。

“その山崎”のタイトル2本の決まり手が“逃げ切り”なんだよねえ。
取れる時ってそんなもんなんですよ多分。

かましだったらおそらく差し込まれたでしょ。
捲りなら、逃げ2本でタイトル奪取のドラマはなかった。
1番車の有坂がSを取らなかったのだから、山崎の後ろ攻めはレース前に決まっていた。
そしてそれは伏見の作戦じゃなくて、山崎の意志を尊重したことがレース後の山崎のコメントで
僕達は知ることになる。
後ろ攻めに決めたことは、後ろを競らせて優勝を狙ったのではないと思う。
この大一番で押さえ先行で勝負することが、彼にとって悔いの残らない戦法だったんだろう。

山田裕二の初タイトルは、果敢に先行して神山の番手に嵌まり込み“差し”での優勝だった。
グランプリだったよね。
淡白なレースで面白くもなんとないレースだったけど、俺は嬉しかったんだよねえ。
山田のファンでもなんでもないんだけどね。
吉岡や神山の存在の前になかなかタイトルを取れなかった山田が、得意の捲りではなく、
先行しての差しでのタイトル奪取。

タイトルって、自分のスタイルでじゃなきゃ取れないわけでもないんだよね。
あれっと取れてしまう時もある。
それも実力のあるトップ選手がね。
不思議でしょ。
[PR]
by satomarumakoto | 2007-01-30 23:11
<< 競輪祭準決勝10Rを振り返る 手島と伏見 >>