清水孝彰の喧嘩競輪

清水孝彰の喧嘩競輪

競輪祭決勝が終了直後、僕は叔父のお通夜に向かった。
つまり喪服でスピチャンを見てたわけ。
ですからレース直後の山崎のコメントは見ていない。

“レース後、山崎君は、「選手紹介でジカだったので、好きなように走れと云われました。」”

清水さんのブログで今知りました。
ということは昨日のブログの僕のコメントは的外れだったということ。

しかしということは“別の作戦”があったんだろうね。

伏見は面白い。
流れ次第で出たとこ勝負みたいな選手よりはるかに納得が行くね!

でもさ・・・であれば山崎は前をとるべきじゃないのか。
しっかりしてるなあ、山崎君。

面白いよ・・・競輪。
[PR]
by satomarumakoto | 2007-01-31 23:07
<< 阿佐田哲也の勝負法 競輪祭準決勝10Rを振り返る >>