山田裕二の今年の抱負

“慎平の先行でG1タイトル”

ニュース&トピックスのインタビューでの談話。
思わず笑っちまった。
山田も愉快ですな。
でも“ジョーク?”が出るぐらいだから状態がいいんだろうね。
この談話が実現して慎平-山田のラインのG1決勝見たいなあ。

競輪祭の決勝についても話してました。
山崎の後ろへ追い上げるタイミングはあったから、自分も行ってれば・・・。
落車に巻き込まれなかったかも。
レースを振り返る選手の談話も面白い。

静岡記念3日目はネットでまとめて見ました。

準決勝C
金子貴志の仕掛けが早かった。
もうちょっと見てもいいのにな。
そしてここんところずーっと仕掛けが早いよね。
勝つ気がないみたい。
二次予選Aは金子が捲れると思ったが・・・・。
あれで捲れないのだから状態もベストじゃなさそう。

準決勝B
渡部-藤原のオッズが630円で1番人気。
藤原が渡部の番手に飛びついて落車。
人気で勝ち抜くのは難しい。
準決勝Bだしね。

準決勝A10R
実はこのレース、僕的には注目してました。
矢口-手島のラインにね。
去年、岸和田記念で3日連係して全部矢口のみ連対。
初日と二日目は小嶋が相手だった。
そして今年、大宮記念の初日特選で久々に連係してまたもや矢口のみ連対。
そろそろ手島が連対する番かなと思ったが・・・・。
これで5連続手島は矢口マークから連対ならず。

準決勝A11R
このレースは迫力ある内容。
村本の根性が良かった。
地元だもんねえ。
3連単は取れないが2車単は取れると思う。
望月は井上の隣だからね。
2枠単しか買えなかった時代に代番で助けられたことはよくあった。
であればその代番を買えばいい。
前にも書いたけどこの戦法は結構来てるんですよ。
[PR]
by satomarumakoto | 2007-02-13 00:13
<< 静岡記念決勝を振り返る “打つ”理由とは >>