玉野記念決勝

岸和田BBで3日目のレースを見た。
案外に力の入ったレースが多かったね。

8R 準決勝C
三宅達也が逃げ切っちまった。
ちょっと驚いたなあ。
自力型3人がみな捲り。
それなら先行はやっぱり地元三宅が逃げなきゃいかんよ。
三宅はまともに逃げたね。ホームで踏んだから。
4回続けてダイジェスト見ました。
気持ちいいねえ。地元の逃げ切りは。
高橋秀一郎のけん制で海田が死んだシーンも気持ちよかった。

9R 準決勝B
牧剛央の頭脳的な逃げ。
踏んだのは1センター。
明日はそうはいかんよ。

10R 準決勝A
このレースも良かった。4回見ました。
三宅伸の必死の斜行がよかったね。
岡部がかいくぐって1着。
いったん千切れた登志信がいつの間にか届いてた。
後掛かりの選手だから。

11R 準決勝A
手島-別線の番手で 3600円。
ついたなあ。
社長が消える可能性はあったと思うが。

玉野記念決勝
岡部-有坂-登志信
手島-晴智-鈴木
牧-小野
三宅

東北ラインは4日間同じ連係。
昨日岡部が1着だから決勝は有坂1着がありそう。
手島-南関ラインは面白い。
別地区のトップ選手がマークで手島はモチベーションアップ。
強い選手は“新鮮”な状況に反応するもんですよ。
軸は晴智でいいでしょ。
小野は昨日と同じ牧マーク。
昨日1着だから決勝は運気下降。

晴智-手島
   =有坂
   -登志信
   -三宅
[PR]
by satomarumakoto | 2007-03-13 00:26
<< 玉野記念最終日回顧 痛快だった... 玉野記念二日目 >>