運気が下がったな。兵藤一也



兵藤一也。

最終的に兵藤を軸としてダービーの決勝を買った。
僕にとって黄色の5番がサインだった。
サインといってもやみくもにその目を買うわけじゃない。
問題はその5番に誰が入るかである。

さてどういうサインだったか。
さとうゆみさんのコートの色だったことは数日前に書いた。
実はもうひとつサインがあった。
僕が気づいたサインではない。
僕の連れが2月頃から言ってたサイン。
単純です。
競輪グランプリ決勝  5-6
競輪祭決勝       5-9
つまり5を軸に3の倍数が絡んでる。
だから彼はダービーの決勝は、5絡みだと2月から騒いでた(笑)。
もっとも僕もゆみさんのコートをスピチャンで見た時に、連れの話を思い出し、
ダービー決勝は5番を買うか、5番を消すかその5番に誰が入るか注目でした。

準決勝をノーホーラで帰宅。
ネットで決勝の5番車が兵藤であることを見た時にイメージしたのは、
兵藤=平原のワンツー。
平原が3番車だから。(連れの言うとおりになるやも)
そして平原は捲りだと思ったので兵藤が来るならワンツーしかないなあと。
捲りが決まるならオッズが問題だぞと。
マークが薄くなるオッズじゃなきゃならない。
平原=兵藤のオッズが2千両なら買いだが千円台前半ならいらない。
その時は兵藤を外して買うつもりだった。

兵藤は準決勝の3着からなら運気上昇と思った。
あの激しいレースで生き残って、
決勝は2分戦捲りの番手が巡ってきたのだから。
実際は捲りにはならなかったが。

決勝の朝。
ネット平原=兵藤のオッズを確かめた。
裏表どっちも2千両を超えている。
“よし勝負だ”と思った。

いわき平の場外で負戦を勝負中に決勝のオッズを確認。
6千万売れた2車単のオッズ。
まだ2千両を超えていた。
“よし勝負だ”と再び思った。

もっとも最終オッズは平原-兵藤で1700円まで下がっていた。
裏目はちょうど2千両。
競輪場にいた時は下がっていることには気づいてなかった。

結局買った車券は
平原=兵藤の2車単を5千円ずつ
兵藤-平原-小野、小倉、有坂の3連単を5千円ずつ買った。

さて何を押さえるかだが。
すぐ決まったんだよね。
3番車の平原じゃなくて5番車の兵藤。
サインの色だったからだが、ひとひねりある。
最終日は9Rまで5番が死に目。
10Rで突然合志の5番が生まれちまった。
もう黄色買うしかないっしょ!
押さえたのが、
兵藤=有坂、小野、小倉の2車単裏表。

結果は小野が失格になって1-5がなんと6千両。
ずいぶんついたねえ。


最後に一言。
兵藤は運気下降だと思うよ。
スタートを取りに行かなかった。
平原の脚質を考えたら前を取るべきfだよ。
関東ラインが絡む展開に持ち込めずに失格がらみで2着。
もう来年度は運気下降だろう。
[PR]
by satomarumakoto | 2007-03-28 23:11
<< 消耗戦 何もしない時に来る選手 次のG1に期待 小野俊之 >>