中団有利が基本

高知記念 決勝

4金子貴志-3山内卓也-9富生
8田中誠-7小野俊之-5野田源一
2武田豊樹-6吉松直人
1岡部芳幸

武田が内枠、九州勢が外枠になりましたから、並びはこれしかありません。

 26 1 439 875

岡部は単騎なので前後はあると思いますが1番車ですから中団より前にいるでしょう。
好調の金子がいる中部勢が中団になりますので有利にレースを進められます。

基本的には“競輪は初手中団が有利”だと思います。

競輪は3回スタートがある競技です。
1回目は1周目の位置の取り合い
2回目は赤板バックからの主導権の取り合い。
3回目は最終バックの捲り合いです。

基本的には競輪は2回目に動いたラインが有利になると思います。
主導権を取る時は相手が作ったスピードでたたき返したり捲ったりすることが出来ますし、逆にバックを踏むならすかさず出し抜くこともできます。
捲りも最初に踏むとけん制されることが多いですね。

高知記念決勝は中団を取れる中部勢が有利と見ます。
問題は金子に積極的な気持ちがあるかどうかですが、

初日は 遅めの捲りで富生とワンツー
二日目は 山内卓也とラインを組んでイン詰まり、8着9着。
準決勝は競るラインがいたので番手を千切っての捲り快勝。

であれば今日は気持ちよく主導権を取ると思います。

山内=富生、岡部
山内-小野、吉松

武田は消します。
彼のコメントがあまりよくないです。
4番手を狙うと言ってますが、4番手を狙って取って捲りきるのは難しいもんです。
4番手を取りに行くのに脚を使ってしまいますから。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-04-15 10:39
<< あっぱれ!!!!野田源ッ!!!! 自在選手の心理 >>