一宮決勝結果と武雄記念初日展望

一宮記念決勝結果

武田豊樹-佐藤友和-竹内智彦

2車単 830円  3連単 7270円

2車単は安かったですね。
3連単は美味しい車券で・・・・・・
3番手の晴智が消えるのは考えづらいか・・・・・。
レースは武田を引っ張った古屋が赤板バックで上昇、そのまま踏んじゃいました。
自力型の武田だから1着でしたね。
純粋な差なら、あの発進だと2着3着だったかもしれません。
武田は競られないわけですから連対は堅かったレースです。



昨日、スピードチャンネルで“チェック&チェック”という番組を見ました。
中野浩一さんと中川洋護さんがGⅢ以上のレースを振り返る番組です。
昨日は弥彦ふるさとダービーがテーマでした、
中野さんが“決勝で東北勢の後攻めは意外でしたね”とコメントしてました。
やっぱりそう思いますよね。
他のブロガーの方でも疑問視する意見が出てます。

昨夜気づいた事がありますのでコメントしてみます。

競輪はラインを組んで戦う“団体競技”ですが監督がいるわけではありません。
もし東北ラインに監督がいたとすれば、前攻めが作戦になると思います。
どういう作戦になるかは選手間の雰囲気や気持ちがベースになります。
山崎-有坂-小橋のラインなら有坂の気持ち、有坂の“顔”が大きなベースになりますね。
準決勝は小橋が果敢にスタートを取りに行きました。
あの作戦は当然有坂の作戦でしょう。
そしてそれは“最低山崎は決勝につなげろ”という有坂の気持ちがあるわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして決勝、同じメンバーでラインを組む事になりました。
また同じ作戦はできませんね。
有坂は準決勝で山崎に譲った作戦をしたわけですから・・・・・
山崎自身も自分だけ1着になる前攻めをする意志はなかったと思います。
(もっともGⅠの決勝だったら・・・?)
監督がいるわけじゃないから、選手間の気持ちが作戦の基になってるんだと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまり選手間の雰囲気や気持ちが作戦のベースになってるわけですから、常にベストのレースができるわけじゃないですね。2日目、3日目でまた同じメンバーでラインを組む場合、前走で好走したラインは今度はベストの走りができないのが“流れ”かもしれないです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


武雄記念初日展望

出走選手は小粒ですが先行捲型が多いので出入りの激しい面白いレースが期待できます。
本線を外して別線軸で勝負して勝ち逃げした方が良さそうなメンバー構成ですね。

9R 初日特選

9松崎貴久-1浜口高彰
2渡辺一成-5伊藤大志
6石丸寛之-8西村正彦
4藤田竜矢-7阿部康雄
3合志正臣

押さえ先行のスペシャリスト藤田竜矢がいますがこれだけ自力型がいるのでは叩き返される可能性が高いと思います。
叩き返されないとしても先行争いになりますから最後に仕掛けた自力型が捲るレースになるでしょう。
その藤田を叩くのは久しぶりのレースで脚を試したい渡辺一成。
さて最後に捲るのは石丸なのか松崎なのか。
6番車ならノーマークになりそうな石丸で勝負が面白そうです。
近況成績が悪いので石丸は6番車ですが、状態が悪いというよりはレースの組立に迷ってました。
中団を取りに行くようなレースをして脚を溜められない、使えないレースばかりでした。
前走の観音寺F1準決勝では流れにのってロング捲りを決めたので自身吹っ切れたのではないでしょうか。
石丸軸で 6=8,2,1,9

単騎の合志は前々勝負で結局は位置悪くなりそう。
捲り捲りのレースだと思います。


10R 初日特選

2北津留翼-5大塚健一郎
4飯野祐太-1松坂英司-7坂本英一
3中村一将-8北野武史
6濱田浩司-9豊田知之

濱田は4.17の大ギヤ。
番手の豊田が9番車になっては後攻め。
自力型が多いレースで後攻めは叩かれて不利です。中四国ラインはオミット。
北津留と飯野祐太は同期ですから叩き合う可能性が高いです。
素直に中村の捲りで勝負するレース。

3=5
3-8,1,7


11R 初日特選

1荒井崇博 7藤野光吉 8吉岡篤志
2山田裕二 4坂上樹大 6郡山久二
3矢口啓一郎 5太田真一 9中村淳

荒井の番手が藤野では不安です。
近走で荒井とワンツー、もしくは番手から抜け出して連対した選手は、
紫原政文、大塚健一郎、三宅伸、池尻浩一4人だけです。
番手が藤野では九州ラインは弱いですね。
荒井軸では買いづらいレースです。
別線は、山田-坂上は番手の坂上も縦脚ある選手。
矢口-太田-中村も3番手まで強い選手ですね。
中部ラインか関東ラインを買うレースだと思います。

捲りが決まるレースの流れに期待して買うのが基本だと思います。
捲りが決まらない流れになった場合は太田軸ですが連対は誰が来るかは微妙。

山田軸  2=4,5,1

押さえは3連複を差脚で 5=9=4,6,8

捲りが決まらない流れになれば3着まで差脚で買うのが面白いでしょう。
3連複でも高配当だと思います。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-04-25 20:39
<< 武雄記念初日回顧と二日目展望 一宮記念決勝 >>