武雄記念二日目回顧、準決勝展望

“豆銭”を持って8R、9Rを打ちに競輪場へ行きましたが・・・・・・・
最初の並びで僕が買った車券はほぼ紙屑でした・・・・・・・・・・・・。
寂しい結果でしたが今日のレースを振り返ります。


8R 二次予選A

2中村一将-7郡山久二-6三槻智清
8大西祐-3吉岡篤志-4大竹慎吾
5飯野祐太-1阿部康雄
9和田健太郎

結果 1-5-7
2車単 680円
3連単 4490円

前スレの予想で“中村の位置取り不安と書きましたが、二日連続位置取りに失敗。
この選手は前を取るつもりがないんじゃなくて取れないんですね。
昨日は3番車、今日は2番車で後攻めになってしまいました。↓

834 51 276 9

格下の四国ラインが前攻めでは不利。
かましたい飯野はかましのポジション中団。
捲りたい中村はまたもや後攻め。

この並びになった瞬間、飯野の番手阿部康雄の連対はほぼ確定ですね。
四国ラインと中近ラインの位置取りが逆です。
飯野ラインのみ十分でした。

中村は早めに上昇し四国ラインを下げて飯野のかましを待ちましたが・・・・
この戦法は失敗することが多いです。
かましてきた飯野ラインについていって失速7着でした。

単騎の和田はレースが見えてません。
あの並びなら1番の後ろに入らばければいけませんね。
入れてくれるかどうかはわかりませんがそこに入ろうとしなきゃ・・・・・。


9R 二次予選A

9北津留翼-2合志正臣-6原司
7藤田竜矢-8新井秀明-1豊田知之
4岡村潤-3松坂英司
5坂上樹大

結果 9-5-6
2車単 5280円 
3連単 65600円

北津留の捲りに合志が千切れたレースですが、合志が弱かったわけじゃないと思います。
4回転ギヤは捲り最強、7番手最強だからこその結果でしょう。
並びを振り返ります。↓

926 781 5 43

合志がSを取って九州ライン前団。4回転の北津留ベストポジション。
1番車豊田が中団を取って関東勢を迎え入れ藤田はかましのポジション。
2車で捲りたかった南関が後攻め。

南関のみ不利なポジションになり4番車の車券は100%なくなりました。
逆に北津留は十分なポジションで北津留を買ってなかった僕はもうおしまい。

僕は北津留のかまし逃げを予想してましたが合志がSを取ったため捲りになりました。
さて合志がSを取った気持ちは気になるところですが・・・・・・・・・・・・
結果としては北津留をフォローした位置取りになりましたね。
何故なら4回転は自分では捲りのポジションである前攻めは取れません。
番手の選手の協力が必要です。
前を取った合志は“自分は良くて2着でいい”という位置取りをしたわけです。
結果を残した北津留は今後4回転を使い続けると思いますが、番手の協力がなければ位置取りできないギヤであり、前攻めになれば自分だけが  1着になる可能性が高いギヤであることを頭に入れておかなければならないですね。

単騎の坂上が2着で高配当になりました。
単騎の自在は車券になりますね。
8R、9Rは展開うんぬんじゃなくて和田と坂上を買えばよかったかなあ・・・・



10R 二次予選A

2荒井崇博-1藤野光吉-4佐々木昭彦-6松尾大樹
5松崎貴久-7北野武史
3渡辺一成-8佐藤朋也
9西村正彦

結果 2-1-7
2車単 290円
3連単 2390円

荒井が藤野とワンツーを決めたレースですが、危なかっしい部分もありつつベストのレースをしました。 
 並び↓

38 2146 579

最初の位置取りが危なかったですね。
3番車の渡辺がズバっとS取りは想定内ですが、4回転の松崎が案外踏み出し鋭くて、荒井は浮いちゃいました。
1番車の藤野が中団を取りきれなかったら、またもや後攻めでしたよ。
荒井が中団になって“かまし逃げ”決定で楽勝かと思ったら・・・・・・
後攻めの松崎が赤板ホームで誘導員を切ってしまいました。
やっぱりかましか捲りたいという気持ちが出てます。
荒井はその松崎を叩いて先行、渡辺のかましを待つ形に・・・・・・
これは消えるパターン!!!!!

しかしそこから荒井はベストパフォーマンス。
いったん踏んで渡辺のかましを呼び込んで3番手。
そこでいったん休んで松崎の捲りを確認してからの踏み直し。
完璧でした。
ギヤ3,60だからこそできたレースだと思います。


11R 優秀戦

3山田裕二-5濱口高彰-4伊藤大志
6濱田浩司-8石丸寛之-1大塚健一郎
2太田真一-7中村淳-9坂本英一

結果 1-3-5
2車単 2740円
3連単 8010円

並び↓

354 681 279

捲りの山田が前受けで十分。
中四国は中団でかましのポジション十分。
自在太田が後攻めでは不利。

濱口のS取りで山田有利となりました。
対して太田は後攻めで不利。
早めに上昇して前のポジションを取って濱田のかましを待ちましたが・・・・・
太田は目一杯踏んじゃいました。
そりゃ消えるよね。
山田の捲りを呼び込んじゃうし。
山田の動きを全く意識することなく終了。
タイトルホルダーですが、技もなにもなく惨敗でした。


武雄記念準決勝展望


8R 準決勝C

2岡村潤-1坂本英一
7和田健太郎-9新井秀明
8倉野隆太郎-4外山三平-(3三槻友清 5西村正彦)-6筒井敦史

岡村2番、坂本1番なら前攻め決定。
悪くても中団でしょうね。
岡村軸でいいと思います。

2=4
2-1
2-7



9R 準決勝B

5坂本亮馬-1佐々木昭彦-8小岩大介
6菅田壱道-4佐藤朋也-2豊田知之
9太田真一-3中村淳
7吉岡篤志

自在の太田が外枠で不利なように見えますが、内枠の選手が大ギヤばかり。
どのラインが前攻めになるかわからないですね。

実は・・・・・・
坂本亮馬の番手の選手が小倉F1戦から5連続連対中。
もう途切れるんじゃないですか・・・・・・・

東北の番手軸

4=7
4-2,3,8


10R 準決勝A

1山田裕二-7濱口高彰-4坂上樹大
9飯野祐太-(2阿部康雄、5藤野光吉)
6園田匠-3大塚健一郎
8三ッ石康洋

藤野が競るみたいですけど・・・・・・・
意味無いですね。
中部勢のアシストしてるようなもんじゃないですか。
山田に対抗するとしたら飯野しかいないレースですよね。
その飯野の番手が競りじゃあねえ・・・・。
三ッ石の番手が空いてるんだからそこに行くべきじゃないですか。
よくわからん・・・・・・・。

中部しか買えないレースです。


11R 準決勝A

5北津留翼-1荒井崇博-8原司-7伊藤大志
6伊原克彦-9郡山久二-2北野武史
4濱田浩司-3石丸寛之


石丸は取る気持ちさえあれば100%スタート取れますね。
1番はスタート取れない荒井。
北野も踏み込み鈍い選手ですよね。

もし九州勢が逃げた場合、4回転の北津留は重いギヤですから格下伊原の叩き返しは届くかもしれないです。
そうなると九州と近畿で叩き合いになり中四国の捲りごろになります。
北津留がかましになった場合でも中四国が最後に届く可能性はあると思います。

1=3
1-4

穴は叩き合いで荒井が消える車券

4=3=7,2,8
[PR]
by satomarumakoto | 2008-04-27 19:23
<< 武雄記念3日目回顧 武雄記念初日回顧と二日目展望 >>