平塚記念初日展望

初日特選 9R

5佐藤友和 1伏見俊昭 7手島慶介
3新田康仁 9渡辺晴智
8中川誠一郎 5新田康仁
6村上義弘 4山口幸二

友和の番手伏見が連対するとしたら近況のデータ上は友和とのワンツーしかない。
友和の番手が連対して友和が着外になったレースは今年1レースしかない。
そのワンツーも24レース中わずか4レースしかないから友和-伏見の車券は配当が安いわりには当たりにくいということになる。
今年友和-伏見で並んだレースが2度あるが、いずれも番手1番人気になり両者とも消えている。
東北ラインから買うなら友和軸の抜け目ねらい。

新田康仁は近況不振だが中団取りに行くレースが多く無駄脚を使って直線伸びないレースが多い。
村上の3番手をすんなり追っかける流れになるなら静岡ワンツーもあるかも。
今年、新田-晴智で4回走って、晴智が2着2回、新田2着1回。

中川誠一郎は記念ではよく走るが、SS級の自力型とは対戦無し。
弱い相手に強いタイプだが何もしないで追込みにまわると、とんでもない差脚を披露することがあるので穴候補。
番手小倉竜二は必ずスタートを取るタイプなのでかまし逃げか捲り追込みで戦えるのも中川にとっては十分条件。

中団を取る新田の番手晴智軸

9=5,8,2

穴は中川  8-2 8=5



初日特選 10R

8武田豊樹-3神山雄一郎-7兵藤一也
4石橋慎太郎-6高木隆弘
1井上昌己-9三宅伸
2岡部芳幸-7有坂直樹

南関は車番的には後ろ攻めでかまし得意な石橋には不利。
石橋の先行を叩き返すのは武田。
そうなるとスピードレースになって井上の捲りが届く。
この展開がいちばん想像しやすい。
ただし井上も岡部も捲り主体なので武田もレースの流れを見る可能性もある。
井上の捲りが不発なら関東勢。

岡部は同じ捲り追い込みの井上がレースの組立を失敗しないと出番はないでしょう。
井上軸か、関東勢軸のレース。

1-9
1=3

3-8、7もあるかもしれない。
オッズが4桁なら押さえられる。



11R

5山崎芳仁-1遠澤健二-9鈴木誠
7渡部哲男-2紫原政文-4西川親幸
8稲垣裕之-6前田拓也-3志智俊夫

今年山崎が消えたレースは6レースあって、5レースは小嶋や平原と同乗。
平のF1決勝での着外があるが先行型がいなく逃げて惨敗したレース。
データ上はこの特選レースで消える可能性は薄い。
山崎はワンツーが多い選手で今年21レース中ワンツーで決まったのは9回。
しかしその時の番手は、伏見、友和、有坂、慎太郎、神山でS級上位のみ。
SS級だが実力的には格下の遠澤が山崎の捲りにつけきれるかどうかは、渡部、稲垣がやりあってくれればで、離れてしまう可能性は高いと思う。

渡部、稲垣のどちらがかましになるかは微妙。
稲垣ラインの3番手が3番車の志智なので後攻めにならない可能性もある。

5-2,6,3
[PR]
by satomarumakoto | 2008-04-30 22:59
<< 平塚記念初日回顧 二日目展望 モンスターギヤ4回転時代の到来 >>