悟った!!!!!!!

山崎が何故下がらなかったか。

遠澤にSを取ってくれと頼んでるんですね。
遠澤の意志でS取ったわけじゃないんだ・・・・・・・。
頼んだ以上下がれなかったわけです。

やっぱり4回転にも弱点はあります。
位置取りは番手頼みですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
書き足しです

朝食を摂りながら山崎の気持ちについて考えました。

遠澤がSを取ったのは自身の気持ちなのか山崎の依頼なのか。
それは昨夜、別のブログで読んだレース後の山崎の談話が

“後ろを考えたら下がれなかった”

から推測すると山崎が頼んだのかなあと・・・・・・・・・・・。

しかし、とすると山崎の判断はおかしいです。
前攻めって基本的には横綱の位置、もしくは突っ張り先行の位置、それから自在の選手にとっては飛びつきの位置ですよね。
だから山崎が前攻めならそれは横綱の位置。
つまり7番手からの捲りの位置なんです。

ということは・・・・・・

番手の遠澤を気遣うなら前を取ってはまずいのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前攻めになった時の走り方。
中団になった時の走り方。
後ろ攻めになった時の走り方。
そんなにいろいろあるわけじゃないですよね。

くどいですが前攻めは横綱の位置だから7番手捲りの位置。
遠澤を気遣う位置じゃないです。
“S取り頼みます”
と遠澤に言ったとすると、
“僕に勝たしてください”
と言ってるのと同じですね。

ホントに遠澤を気遣うなら、かまし逃げができる中団か、後ろ攻めになって昨日の稲垣みたいな作戦じゃないと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sを取った遠澤が山崎に頼まれたからかどうかは想像でしかないですが、4回転を使ってることの苦悩があることは事実です。
平原や北津留が今後このギヤを使うとなれば同じような壁にぶつかるのでは。
番手の選手との間に微妙な空気が生まれるのではないでしょうか。
自分では前を取れないですから・・・・・・。



今日の二次予選Aでは山崎は有坂と連係します。
オッズを背負って走る選手ですから今日は山崎のレースになるんでしょうね。
今日も消えるとなると弥彦から3連続になります。
それもあるんですかね。

4回転の神話は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


昨日の初日特選は万券の連続でしたが、前売りなら買えるのかもしれません。
その場のお客の気持ちは、
“次は堅く決まるんじゃないか”
と思うのが流れですよね。

昨日の結果は僕らのような、車券歴を重ねたファンにとっては
“本命車券を買うのは怖いなあ”
とまた戒められた気がします。
でも、そう納得して帰るお客さんじゃないほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。
もうちょっと、分かり易い車券を演出できないもんかなと思います。

捲れるのか、捲れないのか。
そういう図式のレースで興奮できますよね。

しかし選手には選手間の空気もあります・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by satomarumakoto | 2008-05-02 01:14
<< 平塚記念2日目回顧 準決勝展望 平塚記念初日回顧 二日目展望 >>