濱口はセーフ、小嶋はアウト

宇都宮競輪レースダイジェスト↓
http://www.miyakame-live.com/

何度見ても昨日の決勝の小嶋の暴走には違和感を感じます。
僕は車券を買ったわけじゃありませんが、10年来の競輪ファンとしては納得いかないレースです。
記念の決勝を馬鹿にしたようなレース運びにしか見えません。

小嶋はゴール線まで550Mあるポイントから踏んで惨敗。
そりゃそうなりますよ。
競輪はギャンブルである以上9車全員が連対を目指してレースしなければなりません。
しかし9車のうち誰かが一番不利な逃げを演じなければならない。
オッズの重い選手が逃げるならギリギリのポイントから発信するのが義務じゃないですか。
輪界トップの選手がやるプレーじゃないですね。
吉岡や神山があんなレースしたことありますか?
それに小嶋は軽いギヤを履いてます。
武田を煽って4番手に入ることは容易だったと思うし、二の脚で捲っていけるだけの数少ないトップレーサーじゃないですか。
なんで武田に対して挑戦者みたいなレースをするんですか?
小嶋はいつもと違って別線でしたが、それでも2番人気で小嶋からの2車単で万券はありません。
小嶋には大きな額のお金が張られてたわけでその責任を感じて走ったレースとは思えない。

昨日も書きましたが、小嶋は武田の自力に対してライバル心を燃やして突っ張ったとは思えないです。
ランク的には小嶋の方が上なのは誰にも明らかで、それは小嶋自身も意識してるはずです。
現在の輪界には小嶋と山崎という2人の特別な選手がいますし、自他共に認めるところでしょう。
“お前が行かないなら俺が行く”という逃げのみ許される選手ですね。
そのことを意識してるはずの小嶋が何故逃げたか、
小嶋は赤板4コーナーで自分の後ろが北野一人であることを確認しました。

だから逃げたんだと思います。


何故かはわからないですけど・・・・・・・・・・・。
小嶋本人も真意は語らないでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて競ると言った濱口が最終的には競られなくて、ネット上では非難の意見が多く書き込まれてましたが、僕はセーフだと思います。
濱口はあそこから小嶋が踏むとは意識してなかったんでしょう。
小嶋が捲った時に追い上げるつもりだったのに、小嶋があんなところから踏んじゃったんで見せ場なく終わったのが真相だと思います。

“競ると言ったんなら消えるぐらい競れ!!!”
はお客としては傲慢でしかないです。
“500バンクで競る選手はいらない”はセオリーですが絶対ではないです。
不確定な事態は起こります。
昨日の場合“不確定な事態”は小嶋の暴走でした。
意識的に不確定な事態を引き起こしたのは小嶋であって濱口ではないです。

それから声を大にして言いたいのは、

“オッズを背負った選手が消える(小嶋)”
“オッズの軽い選手が連対する(濱口)”


どっちが罪が重いかといえばそれは小嶋です。
小嶋から買う人は、小嶋で勝負してる人が大半だと思います。
小嶋には大きな金が張られたわけだから責任が大きい。
それに対して、
濱口から勝負する人はいないし、濱口の3着は100円買ってりゃ、2万円、6万円が戻ってきたわけですから。
岡部-神山で3連単、3連複を流した人は、3着濱口を100円おさえる判断はあったと思います。
その100円をおさえるだけの懐が無い人は3連単を買っちゃいけないですね。
自分の財布と相談して2車単、2枠単を買うべきです。
濱口の3着をおさえる心の余裕がなかった、あるいは買う100円がなかったことは濱口のせいじゃないですよ。

濱口に罪があるとすれば選手間の問題であってお客には関係の無い話です。
静岡ダービーでは坂上樹大に小嶋の番手を譲って、なんで北野には譲らなかったか。
それは興味のあるストーリーだけども車券的には関係の無い話。
コメントや顔見せで競るか競らないかの意志表明さえすれば問題なし。
それに濱口が自分のコメントに対して背信したかどうかは、小嶋の暴走という背信の影に隠れてしまいました。

それから競った選手が生き残るか生き残らないかは絶対じゃないですよ。
生き残らない競りこそ価値があるような言い方はおかしい。
競輪選手が絶対やっていけないのは意識的に車券の対象から外れるプレーです。
競りがあるレースは競った選手が消えやすいという傾向はありますが絶対じゃない。
先行一車は自力型が有利だけども絶対じゃないのと一緒です。


オッズを背負った小嶋が暴走で車券の対象から消えたのはアウトのプレー。
オッズの軽い濱口が競りに失敗して直線気を抜かずに連対したことに罪は無いです。

競輪は2枠単、2車単も売られてます。
外れるリスクが少ない車券も売られてます。

“俺は1本1万、10万で勝負するんだよ”というお客さんもいるでしょう。
そういう人は、濱口の3着を100円、1000円買う心の余裕はあるはずです。


大垣の初日展望は明朝。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-05-21 15:18
<< 大垣記念初日回顧 宇都宮記念決勝の濱口について >>