G1高松宮記念杯に出走する自力型の傾向 北日本

山崎芳仁

今年27レース中

ワンツー    11回(1着5回)  41%
筋違い     7回(全て1着)   26%
番手-マーク 1回         3.7%


山崎が別線で走ったのは競輪祭の優秀戦1レースのみで、山崎-マークが1000円を超えたのはその時だけ。
ほとんど本線なのでオッズによる連対率の傾向はない。
ちなみにその優秀戦は1着で配当は5590円、今年山崎がらみの最高配当。

ワンツーを決めて山崎を差した選手は
伏見俊昭   3回
佐藤友和   2回
神山雄一郎 1回
差脚で山崎を交わしてるのは神山雄一郎だけ。

筋違いレースは7回あるが、4月は8レース中0回。5月は6レース中1回。
近況は出現していないので宮杯ではそろそろ。
2着も無いので・・・・・・そろそろでるかな。

番手-マークは静岡ダービー決勝で晴智が優勝した時。
それ以外で山崎が消えたのは8回ある。
山崎が負ける時は後ろ攻めになった時と以前ブログで書いたが8回中5回。
山崎マークが外枠になった時、他にS取りが早い選手がいる時は要注意。
8回の内2回は奈良で2連敗。
円形の333バンクでは、さすがに捲りは届かない。
佐々木則幸-石丸寛之の2段駆けもきつかった。
8回の内1回は平塚記念で地元遠沢澤健二を気遣って7番手にならなかった時だった。


岡部芳幸


今年19レース中 (他の選手をマークした時は除く)

ワンツー     6回(1着6回)  31.5%
筋違い      3回 (1着2回)  15.8%
番手のみ連対  1回        5.3%

岡部-マークのオッズが1000円以下の時の連対率  8回中5回連対  62.5%
1000円~2000円の時                   11回中3回連対 27.3%


ワンツーは全て1着で6回の内5回は1番人気の時。
筋違いレース3回の時の岡部-マークのオッズは
1020円、1540円、1490円で全て別線の時だった。

岡部-マークのオッズが1000円以下で消えたのは3回でその内2回は自在の山内卓也が別線にいた。
最後に捲り追い込む岡部にとってギリギリまで動かない選手がいるのは不利。
もう1レースも自在の丸山啓一がいたレースで丸山は岡部を意識して追い込み勝負だった。

岡部-マークのオッズが1000円を超えたのは11回で連対は3回。
宇都宮決勝で小嶋と武田が叩き合った時で意外な展開があった。
高知記念準決勝で中川誠一郎が人気を集めたレースの時に連対。
中川が人気で消えるのはよくある。
1000円を超えたら危ないと思った方がいいでしょう。


飯野祐太 

今年 37レース中
ワンツー     9回(1着5回)  24.3%
筋違い      2回(1着1回)  2.7%
番手のみ連対  8回(1着4回) 21.6% →番手=マークは2回

番手1番人気9回中
ワンツー       4回
番手のみ連対   3回
失敗         2回

飯野-マークのオッズが1000円以下の時の連対率  8回中5回連対 62.5%
1000円から2000円の時の連対率            13回中6回連対 46.2%
2000円以上の時の連対率                 連対無し


ワンツー9回の内
1番人気の時     3回
番手1番人気の時  4回
ワンツーは本線の時ですね。

番手のみ連対した時のその選手
小橋正義  2回
飯嶋則之  2回
後閑信一、宗景祐樹、長塚智広、山田敦也
実力ある選手ばかりだが関東の選手が多いのは番組のせいだと思う。

番手1番人気だったのが9回で失敗したのが2回しかない。
番手がしっかりしてる時に堅実に走っている。

1000円以下の人気になって3回消えたことがあるが、
内2回は番手のみが連対した時で、番手は小橋」正義、宗景祐樹だった。

1000円から2000円のオッズの時に6回連対しているが、
予選      1回
二次予選   2回
準決勝    2回
負戦      1回
勝ち上がり戦の時に1発あるのは他の自力も踏みたくないからでしょう。
穴車券を演出したのは2回だけ、
静岡ダービーの予選と大垣記念の二次予選で、5860円 7300円だった。



新田祐大

今年31レース中
ワンツー     8回(1着7回)  25.8%
筋違い      9回(1着7回)  29%
番手のみ連対  3回        9.7%→全て、番手=マーク

番手1番人気6回ある内
自分のみ連対  2回
番手のみ連対  2回
失敗        2回

新田-マークが1000円以下の時の連対率  19回の内連対15回  79%
1000円~2000円の時の連対率        7回の内2回       28.6%
2000円以上の時                  連対なし


ワンツーを決める時も筋違いの時も1着の選手。
筋違い決着が2回あるが2回とも自身のラインの3番手の選手だった。

番手のみ連対は10%弱で出現率悪い。
番手1番人気6回ある内、自分のみ連対したのが2回ある。
有坂直樹、稲村成浩が番手の時で、同期の飯野とは違うキャラクターを持つ。

新田-マークのオッズが1000円以下の時の連対率は79%で人気を裏切らない。


菊池圭尚

今年22レース中
ワンツー     5回(1着4回)  22.7%
筋違い      4回(1着3回)  18.2%
番手の連対   2回           9% →番手-マーク1回

番手1番人気が3回
自分のみ連対 1回
失敗       2回

菊池-マークが1000円以下の時の連対率  16回の内8回  50%
1000円~2000円の時の連対率         2回の内1回  50%
2000円以上                     連対無し。


ワンツー5回あるが全て今年の1月。
しかもその内3回が伊東F1戦で菊池がシリーズリーダーだった。
ということはワンツーの出現率は悪い。
宮杯で絶対来ないとは言えないが出現率が悪いんだから安くては買いたくない。

筋違い決着が3レースあるが全てF1戦で菊池-マークのオッズが1000円以下の時。
しかしその1000円以下の時の連対率が50%だからよくないですね。

静岡ダービーでも自身も番手も連対無し。
さて宮杯で結果を残せるかはデータ上は疑問。


高谷雅彦 

今年26レース中(他の選手の番手をマークしたレースは除く)

ワンツー     5回(1着4回)   19.2%
筋違い      4回(1着1回)   15.4%
番手のみ連対 1回          3.8%

高谷-マークが1000円以下の時の連対率   8回の内連対5回  62.5%
1000円から2000円の時の連対率        9回の内連対1回  11%
2000円以上の時の連対率             9回の内連対3回   33.3%


ワンツーが5回あるが1月と2月に4回で近況は出現率低い。
筋違い決着は4回あって2回は競輪祭の勝ち上がり戦だった。
穴一発のイメージがるあるが、静岡ダービー、高知記念では全く車券にならず。

高谷-マークが1000円~2000円の時の連対率は11%で車券になっていない。
2000円以上の時に穴車券を演出したことが3回あるが、
その内2回は競輪祭の時。
もう1回はF1戦で1番人気が佐々木龍也、その佐々木を引っ張るのが小埜正義の時。
近況から考えると、大舞台で穴1発あるかというと疑問。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-05-26 19:35
<< G1高松宮記念杯に出走する自力... 大垣記念決勝回顧 >>