G1高松宮記念杯に出走する自力型の傾向  南関東

新田康仁

今年24レース中(番手で戦ったレースは除く)

ワンツー     1回   4.2%
筋違い      2回   8.3%
番手のみ連対 2回   8.3%

新田-マークが1000円以下の時の連対率  8回の内1回  12.5%
1000円~2000円の時              連対無し
2000円以上                     8回の内2回  25%


ワンツーはわずかに1回で、奈良記念負戦の先行一車の時。
ちなみに平塚記念の順位決定では先行一車で敗退しているから信頼度薄い。
筋違い車券もわずかに2回。
SS級なので上位と戦うわけだからこの傾向は続くでしょう。

番手のみ連対が2回あるが、その時の番手はいずれも渡辺晴智。

新田マークが1000円以下での連対率が12.5%しかない。
その上、1000円~2000円では連対無しで車券になっていない。

2000円以上のオッズの時に2回連対している。
ノーマークになった時に連対の可能性がある。


海老根恵太

今年 32レース中

ワンツー     12回(1着7回)  37.5%
筋違い      5回(1着3回 )  15.6%
番手のみ連対  5回(1着4回)   15.6%

海老根-マークが1000円以下の時の連対率   17回の内12回  70%
1000円から2000円の時                10回の内 3回  30%
2000円以上の時                     5回の内  1回 20%


筋違いレースが5回あるが3回は事故があったレース。
海老根が来るなら筋車券が基本。

番手のみ連対したときの番手選手は
渡辺晴智2回、望月永悟、中井達郎、武井大介で実績のある選手のみ。

1000円以下のオッズなら連対率70%で信頼度は高い。
その時5回失敗しているが、2回は番手のみが連対していて、渡辺晴智と望月永悟。
後2回は番手が後閑信一、高原仁志で地区違いの時。
333バンク奈良で捲り届かずで失敗。

2000円以上のオッズの時に1回連対があるが番手は1番人気の渡辺晴智。
オッズの上限は1000円台。


武井大介

今年32レース中(番手で戦った時は除く)
ワンツー     2レース(1着1回) 6.3%
筋違い      5レース(1着2回) 15.6%
番手のみ連対 3レース(1着2回) 9.4%

武井-マークが1000円以下の時の連対率   11回の内1回  9%
1000円~2000円の時の連対率         7回の内3回   42.9%
2000円以上                      14回の内2回   14.3%


ワンツーはわずかに2レース。
人気で車券にならないので注意。
自在なんで弱い相手に強いわけでもない。
1番人気で負けた時に連対した自力選手は、
高木竜司、澤田義和、松崎貴久、浦山一栄、大森慶一、松岡健介、濱田浩司
格下の選手に負けるのが自在の特徴。

2000円以上で2回連対したことがあるが、その時のオッズは
2010円、2240円で2000円台が上限。


石橋慎太郎

今年39レース中
ワンツー     12回(1着10回)  30.8%
筋違い      10回(1着5回)   25.6%
番手のみ連対 5回(1着5回)    12.8%→番手-マーク3回

石橋-マークが1000円以下の時の連対率  17回の内15回連対  88.2%
1000円~2000円の時              11回の内3回連対    27.3%
2000円以上                     11回の内4回連対    36.4%


ワンツー決着12回の内、1着は10回でワンツーなら頭勝負の傾向。
筋違い決着の時の番手は
松永晃典2回、高木隆弘2回、勝瀬卓也、村本大輔、中村浩士、鈴木誠、太田真一、斉藤竜也
格下の選手、昔の選手、縦脚が無い選手が目立つ。

番手のみ連対が5回あるが全て1着。
川崎F1戦決勝で村本大輔1着。
平塚F1戦決勝で高木隆弘1着。
静岡ダービー負戦で中村浩士1着
ふるさと弥彦負戦で新田康仁1着
平塚記念優秀戦で伏見俊昭1着。
勝ち上がり戦ではない番組でのみ出現している。

オッズ1000円以下の時の連対率が88.2&で驚異的な数字。2回しか消えていない。
その2回は番手1番人気の時で、どちらも番手のみ連対している。

2000円以上のオッズで4回連対していて1発ある選手。
その時の相手は
平塚記念初日特選   井上昌己 武田豊樹 岡部芳幸
富山F1初日特選    小嶋敬二(小嶋と連対)
佐世保記念初日特選  平原康多 菅原晃-小野俊之
花月園F1初日特選        長塚智広-稲村成浩 加藤慎平 明田春喜
全て初日の1発。
メンバーも豪華


石毛克幸

今年28レース中
ワンツー     4回(1着2回)  14.3%
筋違い      8回(1着5回)  28.6%
番手のみ連対 7回(1着5回)  25%

石毛-マークが1000円以内の時の連対率    17回の内10回連対 58.8%
1000円~2000円の時                 6回の内1回     16.7%
2000円以上の時                     2回の内1回     50%


ワンツーよりも筋違い車券の方が多い。
車券になるのは1000円以内のオッズの時だが40%は失敗している。
1000円台で1回、2000円台で1回連対があるが、いずれも競輪祭。
中川誠一郎が1番人気だったレースで、中川が1番人気で消えることは多い。
もう1レースは新田祐大の番手伏見が他の選手に競られて消えたレースだった。

番手のみは7回あって他の選手より高い。
初日特選3回  決勝3回  負戦1回で予選や準決勝では出現していない。


     
[PR]
by satomarumakoto | 2008-05-28 10:22
<< G1高松宮記念杯に出走する自力... G1高松宮記念杯に出走する自力... >>