高松宮記念 決勝回顧

結果 渡邊晴智-新田康仁-山崎芳仁

2車単 4820円
3連複 4980円
3連単 34200円

やっぱり晴智かあ・・・・・と。
最初のインスピレーションでは晴智かなあとは思いました。
他のラインは準決勝そのままのラインでしたから・・・・・・。
競輪の決勝って競馬のG1と似てるんですよ。
トライアルの1着2着は案外来ないんですよね・・・。
別路線馬や前走で負けてる馬が連対することが多いです。
実力者の晴智が地味に勝ち上がって来たんで注目はしてましたが・・・。
僕は手嶋=小倉で3連複を流してました。

なんと南関筋車券で4820円の配当。
晴智-山崎、伏見で万券ですから完全にお客ノーマークの車券でしたね。

並びは誰もが想像できただろういちばん想定内の形になりました。

山崎-伏見 新田-晴智 小倉 武田-神山 平原-手嶋

1番車の伏見が前を取って福島が前攻め。スタート早い晴智が次に続いて新田を迎え入れて南関は2番目。
関東は後ろ攻めになったんで、“こりゃ1着は山崎か晴智”だなと・・・・・。
細切れ4分戦は前攻めの方が有利です。
もっとも弱くては駄目ですけど・・・・・・。

でも関東勢としてはやれることをやったレースでしたね。
誤算は平原の踏み込みがちょっと早かった。
ところで平原の先行は前もっての作戦だったのか暗黙の了解なのか。
いずれにしろ関東勢が4人乗っかっていちばん年下の平原の先行なら納得のストーリーでしょう。
平原にはいずれ自分が勝てる場面がやってくると思います。

レース前のコメントビデオを見てて思ったのですが、
“勝負師”的な厳しさや怖さが表情に出てるのは晴智一人だけですね。
何を言いたいかって?
かっこいい選手は数少なくなったなあと・・・・・。
平原も山崎もいい人そうで・・・・
もっとも自力型はあっさりした感じの選手が多いですけど・・・。

競輪ブログは函館記念までお休みします。

別のこと書くかも・・。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-06-03 19:47
<< 今日見た映画 その1 高松宮記念 決勝展望 >>