最近見た映画 その4

ジャコ萬と鉄

サーチカの映画日記


ニシン漁の出稼ぎ漁師が集まる飯場が舞台の映画。
地味な映画かと思ったら面白かった。
飯場の親方→山形勲
その息子→高倉健(鉄)
流れ者のマタギ→丹波哲郎(ジャコ萬)
3人のキャラクターが良かった。
昔の映画ってスターがスターとして撮れてるね。

ヤクザ映画の漁師版。
親方に復讐にやって来たジャコ萬、そこへ数年ぶりに息子の鉄が帰って来る。
揉め事を息子の鉄が筋を通してまとめる話。
また見たい映画。


ゆれる

公式サイト

心理サスペンスらしいんだが・・・・・・・・
兄が幼馴染を殺したのか殺してないのか?
その様子を弟が見てたのか見てないのか?
その辺のナゾときがないんだよね・・・。

検察官役に木村祐一。いわゆる“キム兄”。
プロレスラーみたいで全く検察官に見えない。
人物描写が繊細なのにそこだけ浮いてた。
それともなんかねらいがあるのか。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-06-18 19:43
<< 最近見た映画 その5 熊本記念決勝回顧 >>