最近見た映画 その5

独立愚連隊 西へ

東宝見聞録
日のあたらない邦画劇場
映画瓦版
日々是映画
うまねんblog
明治大学研究会

この映画を見たのは2回目。
また見るだろうなあ。
たくさんの登場人物がいるんだけど、みんないい奴。
だけど一人だけ悪いのがいる。
関曹長。
最後の最後にバチが当たる。
痛快な戦争活劇であり喜劇なんだけど、見終わった後に“こりゃ反戦映画”だなとしみじみ思う映画。

暗黒街の顔役

日のあたらない邦画劇場

和製ギャング映画。
設定とストーリーは旧い。
岡本喜八らしいテンポはあるが役者が重いなあ。
主役が鶴田浩二と宝田明・・・・・・・・・・・。
最後に殺し屋役の佐藤允が登場するが、そこがいちばんの見所かな。
鶴田と対立する黒崎役の田中春男がいい。
昔の邦画は悪役がホント怖い

[PR]
by satomarumakoto | 2008-06-19 19:56
<< 富山記念初日展望 最近見た映画 その4 >>