高松記念二日目回顧 準決勝展望

家人が全員お出かけで、僕は猫二匹とお留守番。
もう年寄猫なので寝てるだけですけどね。
そういえば二匹の内一匹が36時間外出して飼い主である我々はほぼあきらめてました。
なんせ塀から向こうには絶対行かない猫なんで外出というのはかなり異常事態。
ところが朝方ひょっこり帰って来て、ゴロニャーゴロニャーと大騒ぎ。
年寄りなんでゴロニャーと鳴きます。
家に残ってた猫もゴロニャーゴロニャー・・・・・・。
うれしかったわけじゃなくて、つられて鳴いたんでしょうけど。

というわけで本日もスカパーで高松記念を観戦してました。

8R
結果 大西祐-矢口啓一郎-石丸寛之
2車単 17450円
3連複 9420円
3連単 97420円

予想が外れて矢口が2着にきちゃいました。
ただしオッズを見た時に石丸が危ないかなあとは思った。
石丸-豊田 430円
矢口-幸田 1280円
ここまでの差があるとは思えないオッズでした。
豊田はルール上SS級というだけですから。
意外なオッズは波乱を予感させるもんです。
飽くまでも予感であって何にも理論的裏づけはないですけど。
ただし、大西ラインが前攻めになって、大西は叩き合うつもりはないなと見えたので、
やっぱり矢口は危ないか・・・・とはその時思いました。
大西が捲って1着でしたが、武雄記念3日目でマークした合志正臣が差せなかったレースを思い出しますね。


9R
結果 手島慶介-深澤伸介-桐山敬太郎
2車単 3910円
3連複 2850円
3連単 23990円

このレースも手島にケチつけたら来てしまった。
桐山が捲って行った時に坂本が付いて行けなかったのはギヤのせいか。
それともタイミングがずれてたのかな。
桐山の番手がらみの筋違い車券は今年2回目。

予想がハズレたせいか、このレース後気分が悪くなった(笑)
デパス(マイナートランキライザー)を飲んで治まる。
やっぱり神経症なのか。


10R
結果 富弥昭-濱田浩司-山口貴嗣
2車単 3690円
3連複 2270円
3連単 11330円

小嶋がまたもや1番人気を背負って着外。
近走人気を背負って裏切り続けてますが270円のオッズでした。
濱田ラインの別線ワンツーは近走30走中7回目で出現率高い。


11R
結果 荒井崇博-西川親幸-有坂直樹
2車単 1810円
3連複 10510円
3連単 22480円

3連複つきましたねー。
荒井=西川=流しで万券。
ところで神山は平原マークはやっぱり相性悪く、700勝メモリアルレースで落車。
これで今年 2着2回 着外5回 落車1回。


高松記念3日目展望


8R
3小嶋敬二 7山内卓也 9渡辺十夢
4橋爪亮 2幸田光博 5豊田知之
8阿竹智史 1児玉慎一郎 6山原利秀

小嶋が負けるとすれば橋爪が先行して4番手阿竹が捲追い込みのケースですが、
もしそういった不利な展開になってもこのメンバーなら小嶋は1着にならないとおかしい。
阿竹は地元児玉を背負ってるので捲り追い込みじゃなくて早めの捲りでしょう。
小嶋-山内のワンツーになりそうな気配。

9R
3佐々木則幸 9米澤大輔 4増田鉄男 6藤原富雄
1飯野祐太 2神山雄一郎 5笹川竜治
7濱口高彰 8大窪輝之

佐々木は前走観音寺で2着1着1着ですが、
初日の別線の自力は 坂上忠克
準決勝は 高城信雄 明田春喜
決勝は 城戸崎隆史
勝って当たり前のメンバーなんですね。
このレースは飯野の先行で番手は神山。
中団には捲り追い込みの濱口がいるから佐々木は楽ではない。
神山にさばかれて失速しそうな気配。
神山が軸のレース。


10R
3濱田浩司 1香川雄介 4富弥昭 9垣外中勝哉
9桐山敬太郎 2有坂直樹 6根本雄紀
5牧剛央 7山口貴嗣

濱田と桐山の戦績を振り返ります。
近走30走。

濱田浩司
ワンツー     9回  30%  1着7回  別線7回
濱田のみ連対 6回  20%   全て1着 全て3桁人気の時
番手のみ連対 0回
本線で失敗   4回 13.3%

桐山敬太郎

ワンツー      3回  10%  全て本線
桐山のみ連対   5回 16.7% 本線4回 対抗人気1回
番手のみ連対  2回   6.7% 2回とも別線

桐山ラインが連対する可能性はデータ的には薄い。
番手の有坂も可能性は薄い。
番手のみ連対は2回しかなく二次予選で出現したばかり。


11R
6大西祐 2石丸寛之 8吉永和生
3荒井崇博 5西川親幸 4深澤伸介
9矢口啓一郎 1手島慶介 7斎藤登志信

このレースはデータどうのこうのではないです。
中四国の二段掛け。
6番車の大西にその気が無いとはお客としては言わせたくないですね。
大西には機関車役を務める義務のあるレースです。
石丸-吉永の相手として面白いのは深澤と斎藤。
どちらも関係ないラインの3番手ですから早めにインに切り込む可能性があります。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-08-03 18:09
<< 高松記念準決勝回顧 決勝展望 高松記念初日回顧 二日目展望 >>