捲り眩られ降り振られ

捲り眩られ降り振られ 著者 白川道

僕はこの本をこの方から頂いた。↓
競輪主婦マチコチャンさんの日記

30万だったか40万アクセス記念ということでプレゼントしますというスレに僕が応募したのがきっかけでした。
さて・・・・・マチコちゃんさんは秋田在住。
さとまること僕はいわき在住でどんな形でアクセスがあるのかと思ったら・・・
いわきのホテルで金成和幸と山崎だったかな?祝勝会に出席するのでその時にお渡ししますというメールが来た。

ところで・・・・・その時に僕は貴重な時間を過ごすことになりました。
濱口高彰、外山三平、工藤わこ譲・・・とお茶する流れになってしまった。
もっとも・・・断ろうかととも思ったんだが・・・・・・・・・
まさかの展開で何も喋れなかったんですが(笑)。

ロビーで競輪主婦さんと待ち合わせ。
本を頂いて・・・・
“ハマちゃん達とお茶しましょ!”
“えっ!!・・・・”
おずおず着いて行くと、会場から出てきた濱口高彰がこっちへ向かって歩いて来た。
“下でお茶しましょ”と競輪主婦さんが濱口に声をかける。
・・・・・・彼は僕の顔見ると・・・にっこり微笑んで・・・
“こんにちは”
と見ず知らずの僕に声をかけてくれた。
・・・・・・やっぱ・・・・人間でかいよ!!!!!!!
でも意外に小柄でした。
顔が小さいからそう見えたのかもしれないですが・・・。

外山三平には捲り1発が決まって3連単千円券30万当てさせて貰ったばかりだった・・・
そんな話はできなかったけどね・・・。

その他、佐藤友和、渡辺一成らが目の前を通るも・・・・・
声なんか掛けらないですね・・・チキンな僕です。

工藤わこ譲にも声掛けられるわけもなく・・・・・
改装前の平競輪でネット放送のキャスターを何度か見かけたっけ。
彼女の予想が面白かったんだよね。
本命、穴、自在予想で。
車券も買ってたしガチな予想でした。
予想負けするとショックでねェ・・・・・・・。
[PR]
by satomarumakoto | 2008-09-25 20:22
<< 取手記念初日7R 競輪を寝転んで見る >>