久留米記念2日目展望

たった今スピチャンで展望番組を見た。
・・・・・・・難しいレースが多い・・・・・。
二次予選Bは動く選手が多いし二次予選Aは少ない。
勝ち上がり戦は時として選手が偏るね・・・・。
今晩中に何らかのイメージが湧いてくるか微妙・・・。

初日の感想を書こう・・・・。

一次予選2R→結果

今日いちばん簡単な別線レースかと思ったら・・・・大穴になっちまった。
ここに大きく勝負して金失いました。
やっぱり・・・・下手くそだな・・・・と。
後半にも簡単なレースあったのに・・・・・。

2車単 萩原=中村
3連複 萩原=中村=濱田を除外して流し
3連単 萩原=三宅-中村 、中村=三宅-萩原 と買ってました。

濱田-小倉-三宅-舘  五十嵐-萩原-中村  澤田-中井

↑この並びになった時には自分の車券は当たったと思いましたよ!!!
だって逃げる南関が中団で後方が捲り追い込みの澤田ですもん・・・・。
澤田が動いて濱田を抑えて五十嵐がかます展開じゃないですか・・・普通。
何を考えてるんだ五十嵐力ッ!!!!!!絶好の位置取りだったよ!!!!!!!
澤田が動いてから仕掛ければいいんだけどいち早く自分が動いちゃった。
しかも誘導員の後ろで濱田と4コーナー過ぎまで併走。
直線でやっと踏んだと思ったら流したよ!!!!!!!!!!!
そりゃ澤田はかますよね・・・・・飛びつくこともできずに9着。
先行選手としては最低のレースでしたね。
絶好の位置取りなのにわざわざ9着になったアホ!!!!!!!!!!!!
お客は金突っ込んでるんだから文句ぐらい言う権利あるよな!!!!!五十嵐力!!!!!!!!!!!!

結局なんであんな事になったのか想像すると・・・・・・。
多分番手を信用して無いんだろうね・・・・。
その結果・・・己は9着で萩原1着だよ・・・最低のレース。
いったい何年競輪選手やってんだと言いたいね。
南閑ワンツースリーが決まるメンバーだったし位置取りだったよ・・・・。

選手っていうのは相手関係によって何をするべきかが決まってくる。
博打の競技のプロなんだから強い早いだけじゃ駄目だし勝てばいいってもんでもない。
捲る濱田と捲追い込みの澤田が相手なんだから五十嵐の仕事は自ずから決まってくる。
別線が先行、先行なら無理矢理先行しなくてもいいけど・・・・。

今日はこのレースがいちばん簡単だと思ってた。
もう種銭ほとんど無いです。
9Rと10Rも簡単なレースだったな・・・・悔やんでも遅いけど・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6R
9渡邊一成 1山田敦也 5山口貴弘 7廣川貞治
4吉田敏洋 8伊藤正樹 2古田義明
6坂本健太郎 3三宅伸

坂本健太郎の近走30走
ワンツー          6回  20%  1着3回
坂本のみ連対       6回 20%   1着3回
番手のみ連対       1回 3.3%(熊本競輪500バンクにて)

データ上は三宅伸が連対する可能性が薄い感じがしますね。
8月7日の平塚F1戦初日で坂本-三宅で並んで坂本のみ2着が1回あります。

誰も踏まないなら渡邊のダッシュが生きそう。
山田は千切れるのかな・・・。
吉田も番手伊藤正樹では早目に踏む気持ちがあるかは疑問。
やっぱり山田は千切れるんじゃないだろうか・・・。
今日みたいに押さえ先行にまたなるのか・・・・どうかね・・・
お互いけん制しながらヨーイドンのレースなら自力=自力の車券かも。
9=4,8,6あたりかな。


7R
5浅井康太 3坂上樹大 6舘泰守
1稲垣裕之 9大塚健一郎
2武田豊樹 7小橋正義
4石毛克幸 8佐藤悦夫

このレースは激戦。
稲垣か武田ラインが1番人気か。
浅井とやりあう可能性があるのは九州を背負う稲垣・・・・・。

稲垣裕之の近走30走
ワンツー        9回  30%  1着6回
稲垣のみ連対    5回  16.7% 1着3回
番手のみ連対    3回  10%
稲垣-マークが3桁オッズだったのが15回あって10連対。66.6%。

↑大塚軸にはしずらいですね。
穴選手はむやみに動きそうにない武田や石毛をマークする小橋、佐藤。
軸は浅井マークの坂上か最後に捲る武田かな・・・・・・。

佐藤悦夫の2着3着を買ってみようかな・・・・そんな余裕無し・・・・


11R
2平原康多 7飯島則之 9手島慶介
6金山栄治 5山田裕仁 3濱口高彰
8萩原孝之 4鈴木誠
1斉藤登志信

6月14日熊本記念初日特選

↑金山栄治の先行で平原が消えたレース。
明日の二次予選とは別線の選手の厚みが違いますが・・・・。
それにしても平原が全く動けてないです。
平原消えるのかもね・・・・・。

もう寝ます・・・おやすみなさい
[PR]
by satomarumakoto | 2008-10-10 21:33
<< 久留米共同通信社杯準決勝展望 久留米共同通信社杯初日展望 >>