西武園F1 惨敗

ブログ復活27日目。

昨日、今日・・・スポーツ報知で朝青龍の記事を読んだが横綱審議会の対応には“あれ”っと首をひねらざろう得ない。
ガッツポーズは品性を欠くということで厳重注意する意向だったが朝青龍がモンゴルへ帰国したために横審側が激怒、引退勧告をするかもしれないとの記事。
ガッツポーズってそんなにいけないことかね・・・・・・。
朝青龍は人気低迷気味の大相撲興行を、先だっての正月場所で大活躍し盛り上げた功労者じゃないですか。
功労者に厳重注意ってどういうこと?・・・・・・。
そもそも大相撲は品位とか歴史とか言ってる状況ではなくなった。
お客さんが入らないばかりでなく、力士になる日本人がいなくなってしまった。
ある意味競輪よりやばい状況。
まだ競輪は新人で有力な選手が生まれてきてるけど・・・相撲は外国人ばかり・・・。
どうしようもなくなって外国人を連れて来てる時点で相撲の神格化というか歴史的背景というのは崩れてる。
僕等相撲を見る側としては外人は外人でしかないし、その外人力士がガッツポーズしたからといって日本の相撲の歴史を汚したとは思えないよ。
むしろ朝青龍のキャラクターには新鮮さすら感じる・・・・・・・・。
朝青龍が引退してしまったらまたお客は入らなくなるんじゃないだろうか。
去年の九州場所を見てたけど恥ずかしいぐらいお客は入ってなかった。
横綱審議会なんていらないよ。
それより相撲の改革が必要じゃないかな。
日本人が力士になりたくなるような改革・・・・・・

しかし驚いたのは昨日のスポーツ報知のコラム。
朝青龍問題は今回のガッツポーズばかりではない、言動や行動に問題が多く横審には厳格な対応をして欲しい・・・・うんぬん。
別に僕等は朝青龍に対してそんなに悪いイメージなんてないよ。
スポーツ報知の編集長は読者の認識からは全くずれちまってるんじゃないだろうか。
朝青龍より俺のほうが偉いと言ってるようで気分が悪い。
偉いのは怪我から復活した朝青龍だし、場所を盛り上げるキャラクターを持ってる朝青龍だよ。
外国人力士達は確かに強い力士は多いんだけど、朝青龍のようなキャラはそうは出ないと思う。
白鳳も確かに重みのあるキャラでいいんだけど・・・・・・
ガキ大将のようなキャラクターの朝青龍はデビューの時から特異な存在で愉快だったな・・・・

昨日、今日とサテライト水戸で西武園F1戦の車券を買いに行ってきました。
昨日は勝負したい単騎のレースがあって・・・・
今日は昨日負けたことがくやしくて再度遠征・・・・・。
朝起きてから体調が優れず止めようかなと思ったが、デパスを飲んだらスッキリ!!
魔法の薬だな。

計4レース打って・・・・・やられ報告。

d0073795_16324457.jpg



昨日図書館でスポーツ報知を見ててやる気になったレース。
松井英幸が単騎。
自力型が3人いるから4番手か最悪でも7番手。
捲くり強力な旭がいるからインが開きそうな気がした。

結果

結局松井は9番手を走って着外。
でも狙って間違ってなかったレースだったと思う。

この日はやる気のなかった9Rに手を出して負け・・・お帰り。


さて・・・本日。
特急に乗って水戸へ・・・・前売り購入でとんぼ帰り。
それでも6時間ぐらいかかる。

6R S級一般

4中川貴徳 3井上貴照 2宝満大作
6松崎伊佐央 1高橋健太 5森下太志 8井手尚治
7柳谷崇 9大窪輝之

実質単騎みたいな宝満がいたが本線なので買う気が起きず。
追い込み柳谷をマークする大窪を2着3着で買うも結局堅く決まった。
結果
これはやるレースじゃなかった。
松崎伊佐央が病気明けではやはりレースにならず。

8R

3旭啓介 5藤田和彦
4高田大輔 9高原仁志
2荒澤貴史 6樋浦幹彦
7度会啓介 1水島章
8成清謙二郎

単騎宣言の成清の2着3着を買った。
しかし1番人気の旭ラインが前から2番目の位置取りでかまし十分。
並びどおりにかまし逃げが決まって堅い決着。
並びが違っていたら別の決着だったかな。
このレースは狙って間違ってなかったと思う。

結果

競輪祭、西武園F1と連続連敗で種銭はだいぶいってしまった。
でもまだ40レースぐらい勝負はできる・・・・
でも単騎車券、3番手車券を当てないと・・・・・・
このブログ・・・説得力なくなるよ・・・・・・
[PR]
by satomarumakoto | 2009-01-28 14:57
<< トワイライトなもの・・・に出会... 追悼 手島慶介 >>