明日は客先で面接・・・・・・・日の丸の政治家が粛清

ブログ復活47日目。

また記載内容が消えてしまった。
復刻版ユニフォームの昔の色分けについて書いてたが後日再記。
タッチパッドに余分な機能があって画面が縮小したり拡大したりする。
拡大した時はなんとかなるが、縮小してしまうとお手上げだ。
以前下書きしたらどうですかとコメントを頂いたが確かにその通り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前々日、高松東西戦西決勝、慎平のスタートがフライングに見えるという指摘を紹介しましたが、前スレのコメント欄に山田ビールさんから機能上フライングは有り得ないとの意見を頂きました。

“スタートの時後輪を固定する発走台と号砲機は連動していて、ピストルを撃たない限り車輪は抜けません。
ですから、"現代"の競輪ではフライングは有り得ません。”

たちかわ競輪メールマガジン

“号砲機、フライング”でググッたところ山田ビールさんの指摘通りであることがわかりました。
コメントありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クローズアップ2009:中川財務相辞任 批判の嵐、官邸のむ


毎日新聞のサイト。

昨日今日のトップニュースに中川財務大臣の酩酊会見問題が扇動的に流れてうんざりしてたが、ようやく知りたい事実が判明してきている。
そもそも大臣が国際会見上で酩酊状態であったことが謎めいた事件であるのに、マスコミはやたらにそのスキャンダル性ばかり報道して大臣の会見前の行動については後回しなんだからマスコミっていうのは随分な人間の集まりだね。
しかしね・・・・この毎日新聞の記事を読むと大臣の謎は深まるばかりなんだな・・・・・。
おおまかに大臣の行動を書く。
午前中はG7の会合。
昼はG7の昼食会。
お昼過ぎは財務国際局長、新聞記者等と会食。
午後2時50分にはロシアの財務相と会談。
その後、財務省幹部と打ち合わせ。
そして問題の会見・・・・・・・・・・・・・。

つまり・・・・破目はずして打ち解けて飲んでしまうような状況は当たり前だけど無い・・・・
仕事が終わった後なら有り得るが、全て仕事中なんだよな・・・・・・。
それにね・・・・・全ての時間、単独でいたわけでもないし唯一緊張が解けるとすればお昼過ぎの会食ぐらい。
しかしその会食も財務国際局長と一緒だし30分程度の会合・・・・・。
酩酊するほど酒を飲むような場所でもないし役人も同行してるんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・なんで会見の時にあんなになっちまうんだ・・・・・・不思議だねェ・・・・・・・・・・・
問題のあった会見の1時間前にはロシアの財務大臣と会見してるんだからその時には差し障るような状態じゃあなかった。
つまり国際会見の時になんらかの異常が大臣の身に起きたというわけ・・・・・・・。
妙な話だよな・・・・・・。

一服盛られたんじゃないかと・・・・想像に過ぎないけど・・・・そんな感じがするんだよね・・・・。

じゃあどんな背景があるのか。
想像に過ぎないんだけど、こんな推察を書いてる人がいる。

反戦な家づくり“中川昭一のヘロヘロ辞任に隠されたもの”

中川は、アメリカの金融バブルについて「金融の毒ギョーザ」と言っている。
また、政府紙幣にも反対をしていた。
つまり、政府紙幣を発行して、IMFへの融資も、米国債の買い増しもジャンジャンやれと言われたときに、ワン! と良いお返事をしなかった


つまりアメリカの陰謀っていうわけ。

日の丸の政治家が粛清された瞬間なのかもしれんね。
[PR]
by satomarumakoto | 2009-02-18 22:16
<< 原発でのアルバイトが決まった。... 世界に広げようシェーの輪 >>