武田豊樹 岸和田ダービー優勝おめでとう

ブログ復活61日目。

武田豊樹・・・・・・・スケート選手から転向してきた“外様”の競輪選手。
デビュー後めきめきと頭角を現し・・・・S1選手・・・・そしてG1の決勝に出走する選手まで成長した。
G1のタイトルを取って欲しい、取らせてあげたいなとずーっと思ってた選手だったが、いちばんでっかいタイトルを取ったね。
おめでとうと声をかけてあげたい。
なぜそんな応援の気持ちがあったのか・・・・・・
競輪選手という道を選んでくれて、しかもトップクラスまで上って一線級の選手に成長したことはやっぱり競輪界にとって間違いなくプラス。
選手層が厚くなることは大歓迎だし、武田がダービー王になったことで武田に続くような外様選手が今後増えるとすれば彼の貢献度は大きいと思う。

昨日のダービー決勝に対して感想を一言。
やっぱり完全優勝というのは難しいものなんだね・・・・・・・。
実はそう思ってはいた。
慎平の優勝は無いんじゃないかと・・・(村上は逃げそうな感じがあったので頭は無いなと思ってた)。
車券的には慎平は切れないけれど・・・・・・・
そう簡単には完全優勝はできないという洞察があれば慎平の2.3着で勝負する車券もあったのかなあと・・・・
ちょっとそんなこと思った決勝だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の朝・・・・・起きると腰にかなり違和感がある。
何しろ、真っ直ぐに立てずに身体がくの字に曲がってしまう。
こりゃ・・・・まずい・・・・・・・。
原発での仕事・・・・・・・出来ないかもしれん・・・・・・・。
朝食後、お昼過ぎまで寝床で横になった。寝てる分には楽。
しかし午後1時半、ダービーの決勝の車券を買いに行かねばならん・・・・・
立ち上がると・・・・・・やはり身体が右側に曲がってしまって真っ直ぐに立てない。
しかもそろそろとしか歩けない状態・・・・・。
これじゃあバスに乗るのも怖い・・・。
バスの中で動けなくなったらまずいと思って競輪場まで歩くことにした。
そろそろと歩くこと30分・・・・・・・・・・次第に軽くなる腰・・・・・・・・・・なんと・・・・・・・・
競輪場に着く頃には普通に歩ける状態になり、身体も真っ直ぐ立てるようになった。
徒歩って歪んだ身体を矯正するんじゃないかなあ・・・・・・・・

本日月曜日・・・・原発のアルバイトに無事行くことができた。
とりあえず・・・・・徒歩だな・・・・・・・・・。
[PR]
by satomarumakoto | 2009-03-09 21:58
<< 松山記念二日目 1週間ぶりのバンク 岸和田ダービー決勝 晴智を軸で勝負 >>