<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

I could take the place of your man





サイン・オブ・ザ・タイムズ

プリンス / ワーナーミュージック・ジャパン

スコア:






[PR]
by satomarumakoto | 2011-06-23 21:30 | prince

タイマーズ

4月半ば・・・原発の仕事の仲介になった会社から連絡があって事務所に出向く・・・・その内容は・・・・

“避難所に物資を運搬する仕事があるので待機していて下さい。〇月△日に説明会を開きます”

説明会?・・・・どういうこと?・・・・・いぶかしい感じがしたが・・・初めて見る男性社員に即OKした。
人夫出しの事務所で説明会??・・・・打ち合わせじゃないのかよ・・・・でもトラックの運転なら面白そうだな・・・・・。


1週間後・・・・説明会に行くと・・・事務所がある貸しビルの最上階が・・・・なんと事務所の研修室。

“人夫出しで・・・・儲かったんんだな・・・”

事務所が小さいビルから街中の大きなビルに引っ越したのは知っていたが、2階のフロア2部屋と最上階も借りていたのか・・・・

その研修室に集まった人夫達は・・・・なんと100人・・・・。

“一人当たり1万ボッタら・・・・一日100万の利益か・・・・7千円でも70万・・・・”

もうひとつ・・・驚いたのは・・・ついこの間までは事務所に5人の事務員・社員しかいなかったのに・・・10数人いる・・・・。

正直・・・ドン引きだった・・・そんなに儲けたのかと思ったら・・・まじ引いた。
・・・・けれども・・・・プー太郎の知り合いを誘っていたので今更辞めるとは言えず・・・厚生年金に入る希望者の輪の中に自分は入っていた。
・・・・なんと・・・・厚生年金に入れる人夫出し・・・・・っちゅうことは最低1万はボってるな・・・。


ゴールデンウイーク明け・・・事務所から電話・・・

“仕事の開始が3ヶ月後に延びてしまいました”

延びたというのは無くなったということなのである。
人夫出しの事務所はとことん人夫をおちょくった返事してくるんだがその事務所ばかりでなく他でも似たり寄ったりらしい。
仕事が“ある”と言っといて結局無い・・・。
もっとも・・・事務所も被害者・・・なにしろ事前に健康診断を受けさせてその費用は一人当たり6千円。
元請から人集めてくれという依頼はあったんだろうけれど・・・何らかの理由で仕事が無くなるんだろう。


僕はその人夫出しの会社とは縁を切ることにした。
あると言ってた仕事が無くなったからではない。
事務所がでかくなってたことに納得がいかなかった。
人夫の仲介でそんなに儲かるのはやっぱり納得いかない。


さて・・・・・その後・・・再びハローワーク通いが始まるのだが・・・・・中々面接が通らない。
日当がいい仕事を狙っても通らないなと思って、5800円の仕事に面接に行くも不採用・・・正直心折れた・・・・

ところが・・・今週・・・・某大手メーカーの臨時工員の面接を受けたら即採用・・・・・年齢で駄目かと思ってたが・・・・。

6月13日(月)から出勤することに・・・・



6月14日にイベントがあって上京するつもりだったが断念。
何回も面接に行って不採用・・・履歴書の書き直しは・・・・心折れる・・・。

“直ぐ出勤できますか” と面接官に質問されて・・・“6月15日以降お願いします”とは言えない。



去年2月22日から今年3月11日までの1年間富岡の原発で“闇”で働いた。
6月に一緒に働いてた二人が契約解除されて僕は生き残り新たな人夫二人と働くことになり、4月からは古株一人含む二人が契約解除されて僕は再び生き残るはずだった。

“さとまるさんと鈴木さんはだいじょーぶだから”

責任者から内々に言われたのは・・・・・3月11日の午前中だったのである。

それに・・・“闇”じゃなくて一人前の人夫として原発で働ける予定だった。

東京電力 ⇒ 関連会社 ⇒ 下請け会社 ⇒ 孫請け ⇒ ひ孫 ⇒ やしゃ孫 ⇒ 〇×孫

僕は〇×孫の会社からの派遣だが・・・表向きは“ひ孫”の会社所属で、そのことは下請け会社には内緒・・・でもそんなことはほぼバレてるのである。
長い勤務になるから所属がちゃんとしないとまずいんで “ひ孫” への移籍を下請け会社の所長が動くと・・・・

やっと一人前の日当が貰えるはずだったんだが・・・




ザ・タイマーズ

THE TIMERS / EMIミュージック・ジャパン

スコア:




カバーズ

RCサクセション / USMジャパン

スコア:











キヨシローは本気で原発反対者ではなかったと思う。
否・・・・絶対そうではない。
原発が“ネタ”になったから・・・それだけ・・・
あくまでニュートラルなのがキヨシロー







2曲目は“偽善者”を歌うはずだったが・・・・

詳しくはウィキぺディア参照。
タイマーズでググれば行けます。

FM東京をモロな言葉で罵倒する歌。
こんな歌に説得力が生まれてしまうのは・・・
キヨシローだから・・・
キヨシローが歌うからなんだよね。

[PR]
by satomarumakoto | 2011-06-10 21:50 | 忌野清志郎

Cmon Lets go

第一原発では復旧作業に従事してる人達がいる。
相当数の人達がいずれ白血病やリンパ癌で亡くなるんじゃないだろうか。
僕は原発で1年ちょっとアルバイトしていた。
運用されてた数値は年間20ミリシーベルト。
それは・・・・・大体で決めた数値じゃなと思う。
原発開設当初は、かなり亡くなった作業員がいたような伝聞がある。

“やくざのおんちゃん達・・・みんな死んだよ”

そう語った人の父親の知り合いがかなり死んだらしい。
話は誇張されてると思うけどね・・・・。
でも・・・・だから・・・・・20ミリシーベルトの数値が運用されてるんだと思う。
今は・・・・100ミリだよね。



10万人の人達が避難所で暮らしている。
僕の親戚では父方の叔父さん叔母さん家族が全て避難中。
家族まとまって同じ避難所にいる人はいない。
家族ばらばらになって避難している。
もう以前のように家族みんなで暮らすことはないだろうなと思う。



ドイツは地震もなければ津波も無いのに原発を止めることを決定。
日本はここまでの事態が起きても“原発止めます”とは言わない。
・・・・・・言えないのは権力者や金持ちだけだろうか。
電力の供給が不安定になれば経済が冷え込むのはわかる。
でも・・・・・
今回の事故(事件)は東日本に住めなくなったかもしれなかったわけで・・・・
というか・・・・
まだ継続中・・・・・・。
大多数の国民は原発いらないと思ってるんじゃないだろうか。
多少貧乏になってもいらないと思ってるんじゃないだろうか。



永田町も混乱。
小沢一郎が権力闘争から脱落・・・・・。
最悪の事態は避けたんだろうけど。
しかし・・・・
管直人が首相じゃなければこんな大騒ぎにはならなかったろう。



阪神大震災の時、
村山富市首相は・・・・・・
“私は何もわからないのでみなさんよろしくお願いします”
と頭下げたらしい。

こういうピンチの時って有名大学卒は使えないもんだね。
現場派とか庶民派の方が、まとまるんじゃないかな。
今は・・・・ばらばらだよ。




C'mon, Let's go

KREVA / ポニーキャニオン

スコア:







一人一人てんでバラバラでいいんだ 同じとこ目指す仲間だから

一人一人てんでバラバラでいいんだ 同じとこ目指す仲間だから

一人一人てんでバラバラでいいんだ 同じとこ目指す仲間だから



一体誰がなんのこの場のキャプテン
みんな声掛け合ってあがる作戦で
All Right 行こう
Cmon Cmon Lets go Lets go




5月11日にリリースされた KREVAの2011年第2弾シングル。
本人意識して作ったわけじゃない・・・・と思う。
けど・・・・・
この時期にこの詞が出てくるのが凄い。
直接的な批判になってないとことが詞的だね。


KREVA独特の感覚。

[PR]
by satomarumakoto | 2011-06-02 19:45 | KREVA