<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012 名古屋共同通信社杯決勝 脇本雄太落車

9佐藤友和 5渡辺一成 2成田和也
1脇本雄太 3稲垣裕之 7南修二 8柴崎俊光
4鈴木裕 6望月永悟

結果 5-2-7
2車単 750円
3連複 3110円
3連単 5110円


3連複の配当がおいしい配当に見える。
3連複は筋がらみで決まった時に案外に配当がつくので基本的には堅目狙いなら3連複買いなんだろう。
5Rの阿竹ライン、8Rの井上ライン、9Rの松岡ライン、3連複なら当たってたうえにおいしい配当だった。
自分は・・・・・3連単狙いで全部外してしまった。
とはいえ・・・・5Rは・・・阿竹-山口-三宅で決まって欲しかったな・・・2万超えの配当だった。


大物の自力型選手が落車してしまうシリーズで・・・・・・。
誰かが落っこちて大穴車券になるんじゃないかという予感は佐々木の落車によってより強くなって決勝を迎えた。
・・・・・まさかの青板での脇本雄太の落車・・・・。
堅い決着のレースが続いていたこともあって決勝で何かが起きるんじゃないかと思って見てたんだが、誘導員に選手がハウスするという珍プレーが起きてしまった。
結果は東北ラインのワンツーで2番人気の決着。
車券的には当たり易い結末だったし、高速バンクらしい淡白な車券になった。
個人的には失格によって車券が左右されるよりも落車の方がサバサバとしたあきらめがある。
失格の場合はゴール線を選手が通過してるわけで・・・・そちらの方が外れた時には未練が深い。

脇本は落車してしまったが絶好調でシリーズに出走し優秀なレースタイムをはじきだした。

一次予 先行2着 レースタイム 23.1
二次予 先行2着 レースタイム 22.6
準決勝 先行1着 レースタイム 22.3 

尻上がりにタイムを上げて準決勝は1周22.3のシリーズ最高タイムを叩きだした。
1次予選で小嶋敬二も22.3を記録してるが小嶋はかまし逃げなんで、押さえ先行だった脇本の方がパフォーマンスとしては高い。

さて今シリーズ3日目まで36レースの内、一周のタイムが22秒台だったレースは12レースある。
その12レースの全てで、1着2着、1着3着、2着3着が筋がらみの決着で、高速バンクはラインで決まりやすい。
全体的に堅目の決着が多く、こういった高速バンクはラインの先頭か番手しか車券にならない傾向があるんで、僕が狙ってる単騎や3番手車券は出現しにくいシリーズとなった。

とはいえ・・・
攻めないと悔いが残るバンクで・・・・闘争心で走る選手が車券になるバンクと言えるだろう。
決勝に進出した近畿の脇本や稲垣は闘争心で走るタイプだし、特に準決勝10Rで桐山と先行争いして3着に粘った稲垣は強かったが、別のバンクだったら4着か5着だったかもしれない。

名古屋バンクは筋目の3連複狙い・・・・・だね。



最後に・・・
近年、昔と比べて上位選手の落車が多いような気がする。
大ギヤ、高速バンク、スピード競輪・・・その辺が原因だろうか。


もう一言・・・
脇本が落車したにもかかわらず稲垣は冷静に対応して4着、南修二は3着。
ベストのレースをしたと思う。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-04-30 23:52 | 単騎 3番手

小倉竜二の無駄なパフォーマンス

もう随分前にスピチャンの番組で聞いた井上茂徳のコメントなんで、どんなレースでの談話だったかはよく憶えてないし、コメントの詳細部分は少し違ってるかもしれない。

“何故あの狭い箇所をこじ開けて中割りしたんですか?”

“確かにもしかしたら落車するかもしれない、しかし中割って落車しないで1着になればそれがベストじゃないですか”

プロというか勝負師のコメントだと思う。
数多くの競輪選手のコメントの中でも忘れられない名言じゃなかったかなと僕は感じている。

・・・・・井上茂徳の引退レースも僕は忘れられない・・・・
数多くの引退レースがあったが僕は井上茂徳の引退レースこそベスト1だと思ってる。

井上茂徳は静岡ダービーでレース前に引退宣言をして出走した。
オッズは井上に集まったが・・・・・ことごとく敗れて着外の結末・・・・敗者戦ですら着にからむことはなかった。
でも・・・敗者戦だったら・・・井上と戦った別ラインは九州ラインに有利になるようなレース運びをしてもよかったし、そうしてもお客からは文句はなかったと思う。
しかし・・・九州ラインと戦った別ラインの選手達は敗者戦でも本気で戦って勝利に対してベストのレースを演出した。。
僕はこの結果に対して勝負事の厳しさを感じたと同時に競輪選手を信じるきっかけとなったレースだった。
だから僕は選手が下手くそなレースを演出したとしても基本的には選手の本気さを信じてる立場である。

レース前にスター選手が引退宣言をしたケースは、おそらく井上茂徳が最後になるんじゃないかと思う。
そして引退宣言をして全てのレースで着外になって、しみじみその結末に対して勝負の厳しさを感じられたのは・・・・・やっぱり井上茂徳だったからだと思う。



2012 共同通信社杯 二次予選A 12R

3小嶋敬二 8山内卓也
7村上義弘 1神山雄一郎
9渡辺一成 5菊池圭尚
6才迫有馬 2小倉竜二
4桐山敬太郎

結果 4-1-9
2車単 21580円
3連複 19560円
3連単 231750円




小倉竜二はかなり大げさな援護をするタイプで、そのパフォーマンスが成功する時もあるし失敗する時もある。
このレースは先行の番手を走りいつもようの別線の捲りを止めに行って9着になったレースだった。
さて・・・・小倉竜二に対して言いたいのはこのレースが自分が消えてしまうようなタイプのレースでいいのかそこに問題がある。
中四国ラインは挑戦者のラインだったし小倉を引っ張るのは6番車である。
小倉竜二は自力型を援護するのがマーク屋の仕事だと真剣に思ってるんだろう・・・
けれども・・・・競輪の常識として6番車に対して援護するのは何ほどの意味があるのか考えて欲しい。

それからもうひとつ大事なポイントがある。
才迫勇馬は一次予選で渡部哲男とワンツーを決めている。
その時のレースタイムが優秀・・・ラスト1周が22.8秒でSS級と言っていい数字だった。
才迫が完璧に仕上がってこのシリーズに出走して来たのは1次予選の結果でわかるんだが・・・
そのことを小倉竜二は意識してレースに臨んだんだろうか・・・
もうひとつ言うなら・・・
二次予選、ラスト1周で・・・・才迫のスピードが凄いことを感じなかったんだろうか・・・
才迫が掛かってるんなら後方からの捲りは簡単には決まらないし、下手に援護してしまったら自分が消えてしまう。
そういった認識があったのかと・・・小倉竜二に僕は言いたい。

東出剛という名マーカーがいた。
そんなに凄い援護しなくても捲りを止めていた印象がある。
反対のキャラクターでは内林久徳。
派手な演出する選手だったけれども着にからむ選手だった。
・・・でも内林みたいなのは例外だな(笑)
東出の方がマーク屋として教科書的だと思う。


さて・・・僕はこのレースは・・・
単騎の桐山敬太郎の2着3着で買っていた。
1着は村上、渡辺、菊池、小嶋。
買い足したのは、村上-小倉-(桐山、神山、渡辺)

反省したのは小倉の頭を買っていなかったこと。
バンクが前残りの状態だったし才迫が仕上がっていたからその番手1着は買うべきだった。

才迫のタイムはレース前に確認した。
簡単には捲れないタイムだからレースの流れを意識したなら捲る選手は追い捲りで勝負に切り替えるかもしれないと思った。
結局は村上は仕掛けたけどね(笑)
小倉竜二は村上を引きつけるパフォーマンスをするべきだった・・・・才迫の出来がいいんだから。
簡単には捲れなかったんじゃないか・・・そういう結末が見ることが出来ないレースになってしまった。

このレースは小倉の無駄なパフォーマンスで本当に見たい演出を見ることが出来ずに終わってしまったレース。

小倉竜二には・・・もうちょっと勉強して欲しい、。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-04-29 08:42 | 単騎 3番手

2012/02/04 高知F1準決勝

高知F1 準決勝5R

9佐々木則幸 1三宅伸 8神開浩士郎
4宿口陽一 3岡崎浩一 6野村純宏
7稲毛健太 2西岡正一 5竹内公亮


結果 5-1-2
2車単 12090
3連複 4030
3連単 48440円





d0073795_12143772.jpg



佐々木=三宅=竹内を1000円買ったレース。
竹内の1着2着を押さえた。

準決勝戦は自力型が動かないから当て切って儲けるのは難しい。
本命が来れば安いし、かといって別線のワンツーは買いづらいものがある。
本命の自力が油断すると別線の自力が有利になるのもよく見る。
安い決着か別線の自力か・・・・・
準決勝戦はそういう・・・・不確実な要素が多い。

このレースもド本命の佐々木ラインが逃げるレースになった。
もうちょっと若い佐々木だったら逃げ粘っていただろう。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-04-23 12:14 | 当たり車券

2012・1・29 小田原F1戦決勝



小田原F1戦 決勝

2吉本卓仁 9三宅伸 6岡野順一
4上野真吾 1鈴木誠
3大西祐 8池田憲昭
5佐野梅一
7藤田竜矢


結果 8-7-3
2車単 21960円
3連複 5000円
3連単 76780円




d0073795_10382639.gif



単騎が二人いたが第一印象で藤田竜矢の2着3着だなと思ったレース。
藤田は勝ちに行く時は追い込みか捲り追い込み。
とはいえ・・・もう一人の単騎佐野梅一の2着3着も抑えた。
本命の押さえ車券は買うべきじゃないが、穴目の押さえ車券は買う意味有り。

結末としては佐野梅一は中団からの先捲りで4着。
自力の単騎は動いてしまうので信頼度は下がる。
[PR]
by satomarumakoto | 2012-04-22 10:39 | 当たり車券